スポンサーリンク

講談社の本気の読み放題アプリ『コミックDAYS』がお得。メリットとデメリットをまとめて紹介

講談社の読み放題アプリ『コミックDAYS』が凄いんです。出版社が送る殆どの定期購読アプリは1つの編集部につき1個のアプリになっていますが、『コミックDAYS』は講談社の編集部を複数巻き込んで横に展開し始めるとかいう大盤振る舞い。

そんな『コミックDAYS』のサービスが本当にお得なのか。そのメリットとデメリットを合わせてまとめてみました。

『コミックDAYS』のメリット

内容を詰め込みすぎなのに値段の安い読み放題

DAYSプレミアム/月額720円(税込)

ヤングマガジン
イブニング
アフタヌーン
モーニング
BE・LOVE
KISS

合計6誌がプレミアムの読み放題で提供されています。アフタヌーンとKISSが月刊誌ですが、それでも1ヶ月にすると漫画雑誌が14〜16冊ぐらい読めてしまいます。

金額を計算してみると

ヤングマガジン/380円×4冊=1520円
モーニング/370円×4冊=1480円
イブニング/390円×2冊=780円
アフタヌーン/700円×1冊=700円
BE・LOVE/460円×2冊=920円
KISS/540円×1冊=540円

週刊誌は長期休載での合併号やカレンダーで変動はありますが、合計で5,940円もかかってしまうところをたった720円だけで読めてしまうという破格っぷりです。差額はなんと5,220円にもなるので人によって合う合わないはありますが全部読まなかったとしても紙の本を買うよりも全然元は取れてしまいます。

しかも、初月は無料になるのが嬉しい限り……ですが、それだけに留まりませんでした。

なんと今まで提供されていたプレミアムサービスだけでも十分にお得なのにさらに読み放題対象の雑誌数が13冊へと倍増した『もっとプレミアム』なるサービスを始めたのだから驚きです。
もっとプレミアム/月額920円(税込)

ヤングマガジン
イブニング
アフタヌーン
モーニング
BE・LOVE
KISS
少年マガジンエッジ
月刊少年マガジン
週刊少年マガジン
月刊少年シリウス
なかよし
デザート
別冊フレンド

別に独自のアプリもある週刊少年マガジンが追加されたのには驚きを隠せません。他に話題の『はたらく細胞』が掲載されている少年シリウスや少年ジャンプで掲載されていた『シャーマンキング』の続編が連載されている少年マガジンエッジ、『カードキャプターさくら クリアカード編』のなかよし等プレミアムでは読めない雑誌も見逃せない作品の目白押し!

同じく普通に買ったらかかる費用を計算してみると、

ヤングマガジン/380円×4冊=1520円
モーニング/370円×4冊=1480円
イブニング/390円×2冊=780円
アフタヌーン/700円×1冊=700円
BE・LOVE/460円×2冊=920円
KISS/540円×1冊=540円
少年マガジンエッジ/650円×1冊=650円
月刊少年マガジン500円×1冊=500円

週刊少年マガジン300円×4冊=1,200円
月刊少年シリウス750円×1冊=750円
なかよし580円×1冊=580円
デザート510円×1冊=510円
別冊フレンド470円×1冊=470円

その合計額はなんと10,600円!普通に全部買おうと思ったら福沢諭吉が飛んでしまいますが、その1/10の月額920円で雑誌が読み放題だというのだから本当にありがたいサービスとしか言いようがないでしょう。

公式が行なっている安心のサービス

これを提供しているのが、発行元の講談社だというのも見逃せません。
完全合法なので某村のように違法の配信サービスでダウンロードをしてしまい逮捕されたりですとか、違法サイトで実はウイルスを仕込まれていて個人情報を抜かれてしまったりという心配はありません。

コミックDAYSのデメリット

期間が過ぎてしまった雑誌は読めなくなる

これまで良い面を説明してきましたが、もちろん悪い面もあります。
コミックDAYSでは週刊は4号まで、それ以外は2号までしか配信されていません。それよりも古い号から順に提供が終了してしまい読めなくなってしまいます。

『dマガジン』や『楽天マガジン』といった、いわゆる雑誌読み放題と同じようなシステムですね。マガポケなどの定期購読ではサービスに加入していた期間ならば、どれだけ古い号の雑誌でも読むことができるために比べてしまえば損な気がしてしまいます。

好きな作品をいつでも読み返したかったら単行本を買ってくださいと言うことなのでしょうか。単行本の売上も作品の存続に重要視される部分の一つですので理にかなっている気すらしてきます。

グラビアや電子掲載のない作品は読めない

グラビアや袋とじを含む一部記事、「バガボンド」「はじめの一歩」などと言った電子お断りの作品は掲載されていません。マガポケなどでもこのあたりは配信されていなかったりするので仕方ないですが、読みたい場合は紙の本を買うしかなさそうです。

まとめ

とにかく便利の一言に尽きます。わざわざ購入するのにコンビニや本屋まで寄らなくても良いし、何と言っても0時に配信してくれるので気になったらいち早く読むことができるのが素晴らしい。

しかも『もっとプレミアム』にしても『DAYSプレミアム』にしても紙を全部買った時の価格よりもはるかに安くなるために単行本を買ったりなど還元しやすくなります。

以前はストリーミング専用だったので、低速回線では雑誌が読めなくなってしまうなどの欠点があったのですがダウンロードができるように改善されたりとサービスを充実させようと言う気概も感じます。

初月無料のサービスも行なっているためにとりあえず試してみると言うことができるのも嬉しい限り。気になったら試しに登録してみてはどうでしょうか。

コミックDAYS-ヤンマガ、ビーラブなどの定期購読がおすすめ

コミックDAYS-ヤンマガ、ビーラブなどの定期購読がおすすめ

Kodansha Ltd.無料posted withアプリーチ

コメント

タイトルとURLをコピーしました