スポンサーリンク

FIRE達成した厚切りジェイソン氏の節約術12選 『ジェイソン流お金の増やし方』レビュー

こんにちは。自由を手にするためにお金の勉強を続けるブロガーのかなめです。

お金は誰でも持っていて良く使うような身近なツールの割に、お金の勉強に苦手意識を持っている人って多いんじゃないでしょうか。そんなお金の勉強って難しいと思っているような初心者さんに向けた一冊が経済的自立(FIRE)を果たしたお笑いタレントの厚切りジェイソンさんが書いた『ジェイソン流お金の増やし方』です。

『ジェイソン流お金の増やし方』に書いてあることはどれも今から真似できるほどシンプル。お金の専門用語も極力減らして書かれているので、お金の知識に自信がない人でもすらすらと読めてしまいます。

初心者向けのマネー本だと中級者から上級者には物足りないものになってしまいがちですが、厚切りジェイソンさんのマインドがお金の本質をついているので中級者以上でも参考になる部分の多い一冊です。

この記事では『ジェイソン流お金の増やし方』に書いてある内容をもとに少しだけ個人的な考えを付け加えて解説していきます。

「ジェイソン流お金の増やし方」の詳細データ

ジェイソン流お金の増やし方

著者:厚切りジェイソン
出版:ぴあ
ISBN:9784835646466
定価:1,430円(本体1,300円+税)

芸人でもある厚切りジェイソンによる、初のお金に関する書籍。
これだけやれば貯まるのに…Why Japanese people!? どうしてお金が貯まらないの!?
どうやったらお金を増やすことができるのかに悩む人々へ送る、
簡単にできる、節約、資産を増やす方法、投資まで…
お金を増やすため、強いては人生を豊かにするためののヒントが満載。

「ジェイソン流お金の増やし方」の秘訣

厚切りジェイソン氏が著書で訴えている内容は、主に次の3つのようなことです。

  • まずは行動あるのみ
  • 無駄な消費をしない
  • お金は投資で増やす

言いたいことは家計を節約して、その減らしたお金をインデックス投資で運用するだけとシンプルになっています。

でも投資って損をすることもあるんじゃないの?

そんな疑問を持ってしまう人のためにインデックス投資をおすすめする理由についてもキチンと解説されているので、疑問に思ってしまった人はぜひ読んでみてください。

お金の増やし方で1番大事なのが、まずは最初に行動あるのみということです。どんなにお金を稼ぐ方法を知っていても、やらない理由を探して行動しなければ何も変わることはありません。

むしろ今よりも悪くなってしまうことすらありえます。意外と知られていないことですが、銀行に預けているだけではお金は減っていってしまうからです。

詳しく解説してしまうと長くなってしまうので割愛しますが、金利が物価の上昇についていけていないことや本の中でも触れられていますが金利が低すぎて手数料負けしてしまうというのが理由です。

詳しく理屈について知りたい人には税理士の大河内薫先生の著書『貯金すらまともにできていませんが、この先ずっとお金に困らない方法を教えてください!』(通称:お金のお守り本)がマンガで解説されていて読みやすいので、そちらも参考に読んでみてください。

お金についてマンガで書かれていて、大人でも子供でも読みやすいからおすすめの一冊です。

物価の上昇に負けないようにするにはFIRE(Financial Independence, Retire Early:経済的自立と早期リタイア)までは考えていない人でも正しいお金の知識を学んでいくことが必要です。

『ジェイソン流お金の増やし方』の節約術12選

厚切りジェイソン氏の著書では彼が実践しているという12個の節約方法が書かれています。まずは12個を全部まとめて見ていきましょう。

  1. 自動販売機やコンビニでなるべくペットボトル飲料は買わない!
  2. 必要がないならコンビニに行かない
  3. 交通手段はまず歩く!
  4. より安いスーパーで大量買い&割引買い
  5. スペックが大して変わらないなら安い代替品で対応
  6. 洋服は基本買わないorお下がり
  7. 飲み会には基本行かない
  8. ジムは公共施設を活用
  9. サブスクリプションサービスは見直す
  10. ポイント倍増にだまされない。ポイントはご褒美使いしない。
  11. 欲しいものは少し待ち、安いものを買う
  12. 家族がお金に対して同じ価値観を持つ

厚切りジェイソンさんは最後にいつお金を使ったのかを聞かれると「使っていない」と即答するそうです。最後にいつお金を使ったのか覚えていないほどお金を使わないからというのが理由です。

そんな厚切りジェイソンさんなので、全ての節約法を真似する必要がない。それどころか「節約をする必要すらない」とすら言っています。ここまでざっくりとしたことを言ってしまうマネーの本を見かけたことはありません。

そんな「ジェイソン流12の節約方法」ですが、大きく分けると以下の3つのことが書かれているように思えます。

  • 無駄な出費を控える
  • 代用できる手段がないか考える
  • 価値観のすり合わせをする

これらについて簡単に紹介していこうと思います。

無駄な出費を控える

喫茶店に入って1杯200円のコーヒーを飲むのが日課だとして、これを1ヶ月間(約30日)で換算すると6,000円に膨れ上がってしまいます。このコーヒーのような出費のことを”ラテマネー”と呼びます。

ひとつひとつは小さな出費でもラテマネーは家計の大きな負担になり得ます。ラテマネーだけでなく、厚切りジェイソンさんはあらゆるお金を使わないように生活の工夫を凝らしています。

例えば空のペットボトルにインスタントコーヒーを溶かして自分で入れる。買い物は業務スーパーなど比較的安めのスーパーで買うようにするなど時間を多少かけてでも1円でも安くする方法をとっています。また洋服を買わないなど身の回りにはとことんお金を使わないようにしているようです。

代用できる手段がないか考える

日本人はブランドが好きなのかiPhoneのシェアが世界と比較しても高くなっています。しかしiPhoneの機能を全部使いこなしている人がそのうちどれだけいるでしょうか。ほとんどの人は使いこなしているつもりでも何割かしか使えていないんじゃないかと思います。

厚切りジェイソンさんはiPhoneではなくエントリーモデルの中華スマホを使用しているようです。厚切りジェイソンさんのスタイルはわかりませんが「電話をかける」「メールを受信する」「簡単なネットブラウズ」ぐらいならスペックは必要ないということなのでしょう。

スポーツジムの月額料金は高額になってしまうので、散歩がてらに立ちよった公園の遊具を使っての懸垂などでトレーニングもされているようです。

価値観のすり合わせをする

お金を稼ぐ方法よりも大事なのが最後にあげられている”同じ価値観を持つ”というポイントです。倹約家とケチは紙一重、特に厚切りジェイソンさんのお金の使いかたは徹底していますので家族と価値観を共有していないと不平不満が出やすくなってしまうことでしょう。

家族との価値観の共有はもちろんですが、厚切りジェイソンさんの人によっては節約すらしなくても良い理由が1番お金の使いかたの本質をついているかなという気がしました。

「自分が持っているのは本当に必要なものなのか、欲しいものか」を判断できる判断基準を自分の中で持つこと。

厚切りジェイソン著『ジェイソン流お金の増やし方』より

店頭やネットショッピングで「これ欲しいな、買いたいな」と思う商品に出会った際には、ぜひ厚切りジェイソンさんの言葉を思い出して、自分の中でその答えを探し求めるようにすれば無駄な出費は減っていくんじゃないかと思います。

初心者向けながらお金の本質をついている良書

世の中には様々なマネー本がありふれていますが、その多くは税理士や証券アナリストなど有識者が書いたものです。デリケートな分野なので専門家の書いた本を読むほうが良いのですが、中には何かしらの思惑が入っているものも多いです。

厚切りジェイソンさんは自分が30代にしてFIREを達成しているほどのお金の知識を持ち合わせていますが、お金の専門家というわけではありません。だからこそ「ジェイソン流お金の増やし方」には裏表なく厚切りジェイソンさんの言いたいことが詰まったような本になっているのでしょう。

正直に言ってしまうと初心者向けに書かれているため中級者以上のお金の知識の持ち主にはお金の情報は物足りないぐらいしか書かれていないんじゃないかと思います。そんなお金の中級者以上でも厚切りジェイソンさんのマインドから学ぶことが多いんじゃないでしょうか。

関連動画

リベシティも運営されているYouTuberの両学長と厚切りジェイソン氏の対談です。厚切りジェイソン氏の考えかたがより深く知れるので一件の価値ありになっています。

購入はこちらから

ジェイソン流お金の増やし方

著者:厚切りジェイソン
出版:ぴあ
ISBN:9784835646466
定価:1,430円(本体1,300円+税)

芸人でもある厚切りジェイソンによる、初のお金に関する書籍。
これだけやれば貯まるのに…Why Japanese people!? どうしてお金が貯まらないの!?
どうやったらお金を増やすことができるのかに悩む人々へ送る、
簡単にできる、節約、資産を増やす方法、投資まで…
お金を増やすため、強いては人生を豊かにするためののヒントが満載。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました