スポンサーリンク

母親と同じ道を目指す五月を悩ませる驚きの人物の正体とは⁉︎〜五等分の花嫁 第109話 「最後の祭りが五月の場合①」感想

学生主体のものとしては学校生活で最後の大きなイベントである学園祭を中心に、五つ子たちの変化と成長を描いてきた「最後の祭り」シリーズもついにラストの五月が主役になる回が巡ってきました。

努力に対して思っているほどの成果が上がっていない以外は個人的に問題を抱えていないかのように思えた五月でしたが、今回の話はなるほど……と言った感じの展開になっていました。

そんな事になってしまいそうなフラグはありましたが、考えようによっては他の姉妹たちよりも深刻な問題となっています。

五月の抱える問題とその解決策とは……今回の話を詳しくみて行こうかと思います。ここから先は最新話のネタバレを含むため未読の人は注意してください。

五等分の花嫁 第109話 「最後の祭りが五月の場合①」

揺らぐ五月は本当に母親の呪縛に囚われ続けているのだろうか?

時間は学園祭が始まる前まで遡り、塾で特別講師による対策教室を受講しようとする五月と話す下田さんというシーンから始まります。

特別教室が開かれる事を五月には「伝えてなかった気がはず」と驚いていた下田さんでしたが、後の展開を考えると敢えて教えていなかった可能性もあるのではないかと思っています。

そんな特別教室を担当するのが無堂という講師。彼は学園祭で盛り上がる中、教室で一人勉強に励む五月の前に再び登場します。自らが教師だった頃に五月の母親である零奈が教え子だった彼は五月の意気込みを称賛しながらも母親と同じ教師を志す五月の夢を呪いだと否定します。

以前に五月に向かって「母親になりたいだけなんじゃないか?」と疑問を投げかけた下田もまた零奈と同じ道を志しながらも塾講師をしているわけですし、そこには何らかの紆余曲折があったのではないかと思われます。

さらに無堂は「君の思いに君自身が追いついていない」と五月の成果が上がっていない事を指摘します。無堂は零奈も彼の後を追って教職の道を進んだ事を後悔していたと話しますが……。

しかし五月の努力が果たして間違っているのでしょうか、そう言われたとしてもどうも合点がいきません。それを証明するように風太郎は勉強熱心な五月が成果を得られていない事に対して「不可解だ」と話しています。

私個人としては実は本質は逆なのではないかと考えています。つまり五月の迷いがブレーキをかけてしまっているのではないか。本当に自分の選んだ道が正しいのか揺らぐ五月の気持ちが晴れた時こそ自信を持って先へと進める時なのかも知れません。

特別講師”無堂”の驚くべき正体とは……

突如として登場した無堂でしたが、実は本人曰くその正体は以前からその存在が仄めかされていた五つ子姉妹たちの実の父親だと自称しています。事情を風太郎に話す勇也の言葉と重ねるように描かれている辺り、その事実に間違いはなさそう。

上杉家へ招待状を届けた際に勇也が五月に不審な奴に合わなかったか気にしていたり、事前の話と異なり初日にも訪れていた理由。事前にマルオの元へと訪れ「来てるぜ」と話し、訳ありそうだった事を考えると一癖も二癖もありそうな存在です。そんな彼が次回も波乱を巻き起こしそうな感じ。

彼の口から指摘された母親の影を追おうとしていないかという五月の問題も含めて山積みになっていて次回だけで全部解決するのは難しそう。

おそらくは五月の内面を片付けた所で実父問題は先送りとなってしまうのではないでしょうか。それでも先があまり長くなさそうな事から近いうちに解決するのでしょうが。

余談ですが、この漫画の登場人物には上杉を始めとして武田や前田など戦国武将を思わせる苗字がつけられています。
それを踏まえて考えると今回登場した無堂先生のフルネームは明らかになっている訳ではありません。

ここは天下の織田信長……と思いきやまさかの織田無道とのダブルミーニングだったりするのかもしれません。そうなるとあの坊主頭にも得心がいくような気がしてしまうのですが、実際のところどうなのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました