スポンサーリンク

謎はもう解きたくない、その願いは裏切られ〜『金田一37歳の事件簿』感想

イブニング連載中の原作が天樹征丸先生、作画がさとうふみや先生の作品「金田一37歳の事件簿」の感想です。記事執筆現在の既刊が1巻で以下続刊です。
作品の根幹のネタバレは避けていますが未読の方は念のため注意してください。
金田一37歳の事件簿(1) (イブニングKC)

あらすじ

数々の難事件を解決した天才高校生・金田一一(きんだいちはじめ)は、37歳のオッサンになっていた。PR会社で働く金田一は、上司の命令で離島リゾートのイベントを担当することに。なんとその島は、3度も殺人事件が起きた”オペラ座館”のあった歌島だった!「もう謎は解きたくない」と思っている金田一は、何も起きないことを祈りつつ上陸。しかし、そんな彼を嘲笑うかのように歌島にファントムの笑い声が響くのだったーー。

感想

あの『金田一少年の事件簿』の新シリーズが『イブニング』に舞台を移して描かれます。

37歳になってもはや少年とは呼べなくなってしまった金田一というスピンオフか、はたまた同人誌かという設定にビックリしてしまうのだがこれがまさかの公式による正当な続編だというのだからさらに驚きである。
少年誌から青年誌に変わった事で対象年齢に合わせたのか前述の通り中年世代に成長した金田一だが、外見上でも性格上でも目立った変わりはなく果たしてその設定に必要はあったのか疑問に思える。
ブラック企業らしい旅行代理店に勤めているという金田一ですがパワハラが横行してたり、過剰な超過勤務やそれに伴うサービス残業などはなさそうで普通の健全な会社に見えます。とはいえ、そこは本筋には関わる部分ではないのでそんなものかもしれません。

そんな旅行会社の企画で金田一が赴くことになったのはあの曰くつきの歌島……皆ご存知のあのオペラ座館のあった島である。謎はもう解きたくないと言う金田一は何事もなく終わる事を望むのだが、呪われた島はそれを許さなかった。
願い虚しく起こってしまう殺人事件が起きてしまう中、金田一はどうする?

警視長に昇進している明智や悠々自適な生活を送っている剣持のおやっさん、佐木二号などといったお約束の人物が登場する中で深雪は一流航空会社のチーフパーサーとして世界を飛び回っているとして不在。彼女と金田一の仲がどこまで進展したかは気になるところだが……。

代わりに新キャラとして元気で天然系な可愛い後輩の葉山まりんが登場。金田一のパートナーとしてとしてツアーに同行を志願、そのせいで一緒に事件の調査をする事になりますが……新キャラなので単なる一般人で終わるのか、それとも驚くべき秘密でもあるのかどちらなんでしょうね。

一巻は歌島リゾートツアー連続殺人事件のいわゆる事件編とでもいうべき展開で金田一が事件に巻き込まれ、謎はもう解きたくないとトラウマになってしまっている彼がなし崩し的に探偵役として関わらざるを得なくなるまでが描かれます。
事件のヒントはすでに出ている気がするのですが果たしてどんなトリックで犯人は誰なのかという真相が気になります。恐らくは2巻で解決編となるストーリーが展開されるのだと思います。

余談だがこの金田一の年齢設定は実写ドラマ版で主役を演じた堂本剛が近く世代直撃の管理人としては是非とももう一度彼が金田一として決め台詞の「じっちゃんの名にかけて」をもう一度見てみたいものである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました