スポンサーリンク

覇界王〜ガオガイガー対ベターマン〜が面白い

サンライズのウェブサイト、矢立文庫で掲載中、新紀元社より単行本が発行されている覇界王~ガオガイガー対ベターマン~が面白いのでその紹介です。


覇界王~ガオガイガー対ベターマン~ 上巻 (モーニングスターブックス)

あらすじ
西暦2010年、いまだ未帰還のままである獅子王凱たちGGG隊員を救出する計画<プロジェクトZ>が始動しようとしていた。だが、計画発動の直前、木星から発生した強い電磁場が地球圏を直撃する。この<インビジブル・バースト>と呼ばれる現象により、世界は大災害に見舞われ、プロジェクトZは中断された。
そして西暦2016年、新生GGGの機動部隊隊長となった天海護が、ふたたび木星を目指す──

ネタバレなし感想

勇者王ガオガイガー、そしてベターマンという二つのアニメの夢のコラボレーションであり、それぞれの続編的な立ち位置にある作品です
。とはいえ、これらの作品はもともと同じ世界を基にした作品なのでなんら不思議ではないのですが……

この作品は以前から企画の一部分はチラ見えしていたものの大人の事情により日の目を見なかったところを矢立文庫というプラットフォームができた事により長年の歳月を経てついに動き出したという感じです。
物語としてはガオガイガーFINALで別次元に取り残されてしまった獅子王凱らGGG(ガッツィ・ギャラクシー・ガード)の面々を救い出すために画策してきた計画がようやく結実しそうなところだったがそこに異変が起き、それがあらたる事件の幕開けになるのだったといった感じです。
どちらかと言えばメインはガオガイガー寄りな気がしますね。
本編当時は小学生だった実質主人公?の天海護少年やライバルの戒道など様々な登場人物が成長した姿で出てくるのが印象的です。何よりも懐かしい!

矢立文庫にはこの他にもライジンオーやSDガンダムといった懐かしい作品や新作など様々な作品が並んでいるのでオススメです。ちなみに無料ですし、会員登録も不要です。

矢立文庫はこちら

 

以下ネタバレありの感想になります。未読の方は今後の楽しみを損なわないためにもここで引き返してください。

ネタバレあり感想

序盤、いよいよって時に<インビジブル・バースト>なる太陽波現象があってGGG救出計画は頓挫してしまうんですが、そこは人類の力でなんとか切り抜けます。
6年という歳月はかかっちゃいますがようやく目的を果たすことができる。そして向かうのがガオガイガー本編にも登場した<ザ・パワー>なる超エネルギーを秘めた星、木星。そのエネルギーを使って異次元との扉を開こうって訳ですね。
木星までは難なくたどりつけるんですが、もちろん一筋縄で行くわけはなく。<トリプル・ゼロ>なる宇宙の大意思が新生GGGの計画を阻もうと立ち塞がります。<トリプル・ゼロ>の力に飲み込まれて覇界王と化したジェネシック・ガオガイガー。ベターマンたちの力も借りて善戦するのだが……。
決着をつけるのはでもあの男しか居ませんね。満を持して現れるのは僕らの勇者王こと獅子王凱!
この男が居なければ始まりません。ベターマン、ガオガイゴー、ガオファイガーそれぞれの力を結集して覇界王と<トリプル・ゼロ>による世界の終焉が訪れるのは阻止されます。
もっとも覇界王になっちゃったジェネシックを取り返すことはできなかったので完勝とはいかないみたいですが。
そしてジェネシックが覇界の権化になってしまっているという事は……このままでそう簡単に終わるわけがないって事ですね。
最初は毎週だったんですが、最近はほぼ1ヶ月ごとぐらいの不定期更新となってしまっているので続きが読みたくてもなかなか読めないのがもどかしいです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました