スポンサーリンク

その想いは果たして……試験の結果はまさかの展開に!〜五等分の花嫁 第58話「最後の試験が一花の場合」感想

春場ねぎ先生の『五等分の花嫁』の週刊少年マガジン46号(10/17発売号)に掲載されている第58話の感想です。
本誌のネタバレがありますので読みたくない方は注意してください。

前話”第57話『「最後の試験が五月の場合」』”の感想はこちらから

第58話『最後の試験が五月の場合』

一花の試験に挑むもう一つの目標とは?

風太郎と中野家の5人姉妹の第一の目標といえば『父親の出した赤点を出さないという条件を達成して転校を回避すること』ですが、それとは別に三玖には『5人の中で一番を達成して認めてもらい風太郎に告白をする事』、四葉には『みんなの期待と努力を裏切らないため』、五月は『母親と同じ先生になりたい』という目的があっての試験でした。

そして今回の一花はというと……今は試験に集中することを考えていた。
その理由はというと三玖の告白を聞いてしまったから……同じく風太郎が好きな一花に取ってはなんとしてでも阻止しなければいけない事だったのかもしれません。

一花はバレンタイン前日に風太郎と本屋デート!?

今日はお疲れの前後編の時から風太郎を意識してしまい直視できなくなってしまった一花。

なんとなくつい照れてしまう様が可愛すぎる……。

「三玖の場合」で風太郎に手作りのチョコレートをなんとしてでも渡したいという三玖の願いを知ってしまった一花は”お菓子作りの上手な知り合い”を紹介すると話し、二乃を呼んでいました。どうやら一花もチョコレート作りの行方は気になっていたらしく外から様子を覗いていた事が今回明らかに……。

そんな所にタイミングが悪く風太郎が訪れてしまったから、さあ大変。

その際に驚いた一花は手をサッシにぶつけてしまい……。あの二乃と三玖が聞いた大きな音はこの音だったみたいです。

中で何をしているかバレてしまってはいけないので「この前捨てちゃったかも」と誤魔化し取りに来たという四葉の参考書を買いに行くことになってしまいました。

二月の時系列はバレンタインが先だった

訪れた本屋で風太郎が買おうと手にしていたのはあの時には息抜きも必要とアドバイスが書いてあった「良い教師になるためのいろは」でした。

前回の話ではどっちが先なのかわかりませんでしたが、バレンタインが先で遊園地だったようです。

一度は風太郎のことを諦めようとした一花だったが……

勝手に自分に見合わないと決めつけて風太郎のことを諦めようとしていた一花。プータロー?の風太郎がなんかすごい見た目をしている……。
風太郎と訪れた本屋でクラスメイトと出会い、なんだかがっついたりさっきぶつけてしまった手のアザにオーバーリアクションで返す。

そんな彼らとの付き合いに疲れて逃亡してしまった一花でしたが、さりげない風太郎の優しさにこれ以上好きになってはいけないと思いつつ帰宅。

その際に待っていた三玖の宣戦布告を聞いて試験の勉強を頑張ることに。

最後に気になる成績は!?

57話までの時点では三玖がトップの成績を納めていて、このまま行けば風太郎に認められて告白か!?というところです。試験を終えて集まった三玖は風太郎に褒められて、いざこれから告白へといった態勢です。

そんな時に一花が訪れ、その気になる期末試験の結果が明らかになりました。その結果とは……

わずか2点ですが、三玖を上回りトップに躍り出ました。”五人の中で一番の成績を取って”風太郎に告白するという三玖の目的の前半部分は今回の期末試験では果たされなかったことになりますが、後半部分の告白はどうなるんでしょうか。

まとめ

期末試験の今のところの結果が、こちらの通りで()内には比較のために49話の際に行われた二学期の期末試験の結果を入れています。

国語 数学 理科 社会 英語 合計
一花 38(24) 63(47) 52(41) 40(28) 47(36) 240(176)
二乃 ?(19) ?(22) ?(38) ?(27) ?(45) ?(151)
三玖 43(35) 48(41) 41(40) 72(70) 34(20) 238(206)
四葉 51(35) 33(15) 32(22) 36(30) 32(26) 184(128)
五月 47(43) 35(28) 70(68) 32(26) 40(34) 224(199)

恋のライバルも試験の点数競争のライバルも一花になるかと思いましたが、やはり上回ってきて三玖の企みは阻止されてしまいました。

本人の自覚が遠慮気味なんですが恋の方も良い感じにポイント稼いでいるような気がします。

一花の点数は前回との比較で、一番増えていますね。個人的な最後の頑張りと”みんなが家庭教師作戦”がハマったんでしょうか。

最後に残された二乃ですが、そうなるに足る何か一大イベントでもあるんでしょうか?

 

[amazonjs asin=”B07H2C31XK” locale=”JP” title=”五等分の花嫁(6) (週刊少年マガジンコミッ

コメント

タイトルとURLをコピーしました