スポンサーリンク

三玖の踏み出した勇気の一歩が不可能を変える〜五等分の花嫁 第106話 「最後の祭りが三玖の場合②」感想

今回もまた前回に引き続き学園祭での三玖を中心とした騒動の話です。風太郎に背中を押された三玖が勇気を振り絞って男子を説得したかと思いきやたこ焼き屋台の炎上騒動で失意を味わってしまいます。

これまでの一花、二乃と同じく後編の話が描かれた今回ではその顛末が描かれると同時にまた一歩踏み出していく三玖の変化の時が訪れます。果たしてどのようなおちをつけるのか、とりあえず今回の内容を詳しく見ていきましょう。ここから先は最新話のネタバレを含むため未読の人は注意してください。

五等分の花嫁 第106話 「最後の祭りが三玖の場合②」

胸中に不安を抱える三玖と踏み出した一歩がもたらすものとは……

パンケーキかたこ焼きのどちらが良いのか優劣をつけようと男女それぞれに分裂してしまったクラスメイトたち。そんな状況を三玖は心苦しく思い、クラスが一丸となれるように変えたいと願っていました。

その心からの訴えに男子の心は一度は解きほぐされたものの男子たちの屋台が炎上してしまうという惨事が起きてしまいました。頑張ればどんなことでも変えられると思った三玖でしたが、なす術もない事態に失意の底へと落ちて自分が何をなすべきなのか……その道を見失ってしまいました。

二日目を迎え一時的なショックから体は立ち直ったものの心理的なショックは簡単にはいきません。最初の頃に風太郎から掛けられた「自分の好きなものを信じる」という言葉を拠り所にしようとするも竹林との関係を風太郎に聞くことができない自分に疑心暗鬼になってしまいます。そんな三玖が再び立ち上がる切っ掛けを作ったのは後でみんなには報告しようと思うという二乃から聞いた言葉でした。

余談ですが恐らく誰かが倒れてしまったのを聞きつけた三玖と病院で出迎えた二乃だとすると倒れたのは三玖ではない事になります。もっと言ってしまえば大事な事態なのに今回描写がされていない時点で違うのでしょうけど、倒れてしまったのは残された四葉か五月のどちらかになります。ネット上の他の今回の感想を見てみると重要な過去のエピソードに準えていると言われていたり、そうなると四葉のオーバーワークがわかりやすいブラフのように思えてくる部分でもあります。

ともあれその辺りの話は後に描かれるであろう四葉編や五月編ではっきりしてくる部分だと思うので答えが明らかになる時を楽しみに待とうと思います。

三玖の変化と風太郎とのキスが意味するもの

文化祭も最終日になり、相変わらず男子たちと女子たちは仲違いしたままの様子。「二乃の場合①」で風太郎が迎えにきた際に二乃の側に男子もいたような気がするのですがはて……?

実は他のクラスだったようには見えなかったのですが、単行本になった際とかには修正されたりとかするのでしょうか。

ともあれそんな彼らの代表を立入禁止の屋上に呼び出した三玖。早速喧嘩を始めようとしていますが、そんな彼らに三玖は「仲良くして!」と一喝。女子は自分たちだけで乗り切ろうとした結果、疲労困憊で限界を迎えていること。男子には二日目に男子が友達にパンケーキを勧めていた事を指摘してその仲を取り持ちます。

他のメンバーを説得するのに「私を信じて」と言い切る三玖の目には既に前日までのような曇りはありませんでした。

その三玖の勇気は今回の件で「修復は不可能だと諦めてしまっていた」という風太郎にも届いていました。一花の言葉や父親のダメ押し、今回の話で三玖が男女を仲裁するのを目の当たりにした事で順調に「誰も選ばない」答えを選ばないための外堀は埋められていっているような気がします。

心残りだった竹林との関係も風太郎に問いただし、問答無用に風太郎のキスを奪った三玖がある意味で衝撃的でもあります。一花や二乃と比べて今回のキスの展開は若干強引目なような気もするのですがある意味で三玖もノルマはこなした事になります。

どうして態々そんな展開にしなければいけなかったのか疑問も浮かぶのですが、答えがあるとするならば最序盤である一花の回にあると考えるのか自然です。そこで前半と後半で重ねて言及されてきたスクランブルエッグでのいわゆる鐘キスが誰なのかという問題、それに対しての回答を風太郎が得るためなのではないかと邪推します。

そうなると四葉や五月の回にもそうした展開が待っていると考えるのが自然なところ。風太郎が答えを告げる際にはあの時の相手が果たして本当は誰だったのかにも触れられていくのかも知れません。

まとめ

最終日までもつれ込んでしまいましたがクラスメイトの分裂問題は解決し、三玖もまた自分を変えられたのではないかと思います。我慢していたという三玖は果たして何処までやったんだか……。

ともあれこの件も解決したので次回は残された二人のうちのどちらか。順番からすると四葉の番でしょうか。初日に演劇部の部長から告げられた言葉やキャスト変更の理由が明らかになっていく事でしょう。

四葉はずっと”誰かのため”を行動原理としてきました。元々の学級長の仕事に加えて演劇部や二乃が変わってくれたとはいえオープニングアクトまで引き受けてしまっていた彼女。そんな彼女は以前にもいざ退学しようという一花から”自分のため”に動いてはどうかという提案を受けていました。恐らく”他人のため”から抜け出して”自分のため”に動き出す話にでもなるのでしょうか。

実際はどうなっていくのか来週を心待ちにしたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました