スポンサーリンク

文化祭二日目の夜、一花の願いが風太郎の心境に与える変化は⁉︎〜五等分の花嫁 第102話 「最後の祭りが一花の場合②」感想

風太郎の視点から大まかに学園祭の流れを見て回ったと思ったら続けて始まった「最後の祭り」編、シリーズの初陣を飾ったのは一花でした。今回は前回に引き続き一花の視点から学園祭での出来事が描かれます。

最終日に来られないかもしれないからという理由で他の姉妹よりも先に風太郎の考えを聞いた一花。そんな一花がとった行動とは……⁉︎

ここから先は最新話のネタバレを含むため未読の人は注意してください。

五等分の花嫁 第102話 「最後の祭りが一花の場合②」

撮影中の一花の耳に届いたトラブルの知らせ⁉︎

学園祭二日目は撮影の仕事をしていた一花。そんな彼女に「妹が倒れた」と連絡が入ります。二日目と言えばそのままのタイトルな第100話ですが、その時には体調が悪そうな素振りをしている人は居ませんでした。そうなると竹林が風太郎や五つ子たちと別れた後に何かがあったのでしょう。少なくても病室を訪れた一花と出会う描写がある二乃ではないのは確かなんですが……。

学級長として文化祭を成功させるために多忙を極めながら走り回っていた四葉なら倒れてしまう理由がありそうかも。

後片付けがある二乃に変わって今度は一花が風太郎と共にする事になりました。一花曰く「案外俗っぽいところある」とされる風太郎。小学生時代の風太郎と今では変わったようにも見えますが、三つ子の魂百までと言いますし根っこの部分は変わってなかったりするのかも。

素直な気持ちを大切にと告げ、誰も選ばないなんて言わないでと風太郎に話す一花。誰も傷つけないようにと配慮する意味があるのか、本当に自分の気持ちが分からなくて選べないのか「誰も選ばない」という風太郎の選択肢はらしいと思います。一花から飲み物を頼まれながらも種類を他の五つ子になぞらえたせいで何を買っていいのか本気で悩んでしまう風太郎もらしいです。

しかし、前回の話で誰でもいいから風太郎が選ぶ事で自分の気持ちに区切りがつけられると一花も感じていた通り、風太郎が選ばない事で彼に好意を抱いている姉妹たちの気持ちも宙ぶらりんのままになってしまいます。

第68話「スクランブルエッグ⑧」での所謂鐘キスの際に未来の風太郎のモノローグとして語られた「きっとあの日から」という言葉の通り、風太郎の中には姉妹の誰かを意識する気持ちが眠っています。その気持ちに一刻も早く気がついて答えにたどり着かなくてはいけない気がしますが……。

改めて最終日に辿り着き、風太郎の決めた答えがやっぱり誰も選ばないと言うものなのか、それともキチンと誰かを選んだのか。まずはそれが明らかになる時を心して待とうと思います。

口付けと共に眠っていた一花の本当の気持ちが目を覚ます

前回の話に引き続き今回もまたそんな鐘キスでの出来事が取りざたされます。風太郎に鐘キスでの出来事が誰だったら嬉しいか問う一花でしたが、今回もまた自分の名前は除外されています。他の五つ子が姿を借りていた五月も含めて五人全員に可能性があるはずで一花が違うとされる証拠はどこにもありません。

一花に頼まれて飲み物を買いに出かけ、結局手ぶらで戻ってきた風太郎もその事には気がついています。

そんな風太郎を引き寄せて一花は口付けを……。お姉さんらしい表情の多い一花ですが事後の一花が普段とはまた違った可愛らしさが炸裂している気がします。因みに前回出会った迷子の男児が話していた一花のキスシーンは百合キスだったようで。

修学旅行で自分の気持ちに素直になった結果として大暴走をして以来、風太郎の事を諦めてしまったかのような印象が強かった一花でしたが、今回の話で自分の気持ちを再確認。最終日での風太郎の答え次第ではこれからも積極的にアプローチをする姿を見られそうな気もしてきてしまいます。

まとめ:一花の学園祭はこれで終わり?

今回の話で一花と風太郎との間にあった二日目の夜での出来事が描かれ、学園祭の期間中にあった一花が絡んだ色々は残されていないような気がします。

そうなってくると次回はまた別の誰かの当番になってきそう。二日目に倒れてしまったらしい誰かも気になりますし、初日も何事もなく終わった訳ではない様子。未だ描かれていない学園祭の裏にはどんなストーリーが待っているのか楽しみです。

そして今回と似たようなタイトルだった最後の試験ではラストに二乃の告白とそれが聞こえていなかった風太郎。その後に改めて二乃が風太郎に告白するといった大事件がありました。

今回の大トリを迎える誰かにも衝撃的な何かが待っていそうな気がしますが、一体ラストが誰でどんな事が起きてしまうのか。約束の時を迎える最終日に風太郎が決断した答えはどんなものなのか……。

「七つのさよなら」に並ぶくらいに長い期間をかけて描かれていきそうな学園祭の行く末を見守りたいと思います。

スポンサーリンク

文化祭二日目の夜、一花の願いが風太郎の心境に与える変化は⁉︎〜五等分の花嫁 第102話 「最後の祭りが一花の場合②」感想

風太郎の視点から大まかに学園祭の流れを見て回ったと思ったら続けて始まった「最後の祭り」編、シリーズの初陣を飾ったのは一花でした。今回は前回に引き続き一花の視点から学園祭での出来事が描かれます。

最終日に来られないかもしれないからという理由で他の姉妹よりも先に風太郎の考えを聞いた一花。そんな一花がとった行動とは……⁉︎

ここから先は最新話のネタバレを含むため未読の人は注意してください。

五等分の花嫁 第102話 「最後の祭りが一花の場合②」

撮影中の一花の耳に届いたトラブルの知らせ⁉︎

学園祭二日目は撮影の仕事をしていた一花。そんな彼女に「妹が倒れた」と連絡が入ります。二日目と言えばそのままのタイトルな第100話ですが、その時には体調が悪そうな素振りをしている人は居ませんでした。そうなると竹林が風太郎や五つ子たちと別れた後に何かがあったのでしょう。少なくても病室を訪れた一花と出会う描写がある二乃ではないのは確かなんですが……。

学級長として文化祭を成功させるために多忙を極めながら走り回っていた四葉なら倒れてしまう理由がありそうかも。

後片付けがある二乃に変わって今度は一花が風太郎と共にする事になりました。一花曰く「案外俗っぽいところある」とされる風太郎。小学生時代の風太郎と今では変わったようにも見えますが、三つ子の魂百までと言いますし根っこの部分は変わってなかったりするのかも。

素直な気持ちを大切にと告げ、誰も選ばないなんて言わないでと風太郎に話す一花。誰も傷つけないようにと配慮する意味があるのか、本当に自分の気持ちが分からなくて選べないのか「誰も選ばない」という風太郎の選択肢はらしいと思います。一花から飲み物を頼まれながらも種類を他の五つ子になぞらえたせいで何を買っていいのか本気で悩んでしまう風太郎もらしいです。

しかし、前回の話で誰でもいいから風太郎が選ぶ事で自分の気持ちに区切りがつけられると一花も感じていた通り、風太郎が選ばない事で彼に好意を抱いている姉妹たちの気持ちも宙ぶらりんのままになってしまいます。

第68話「スクランブルエッグ⑧」での所謂鐘キスの際に未来の風太郎のモノローグとして語られた「きっとあの日から」という言葉の通り、風太郎の中には姉妹の誰かを意識する気持ちが眠っています。その気持ちに一刻も早く気がついて答えにたどり着かなくてはいけない気がしますが……。

改めて最終日に辿り着き、風太郎の決めた答えがやっぱり誰も選ばないと言うものなのか、それともキチンと誰かを選んだのか。まずはそれが明らかになる時を心して待とうと思います。

口付けと共に眠っていた一花の本当の気持ちが目を覚ます

前回の話に引き続き今回もまたそんな鐘キスでの出来事が取りざたされます。風太郎に鐘キスでの出来事が誰だったら嬉しいか問う一花でしたが、今回もまた自分の名前は除外されています。他の五つ子が姿を借りていた五月も含めて五人全員に可能性があるはずで一花が違うとされる証拠はどこにもありません。

一花に頼まれて飲み物を買いに出かけ、結局手ぶらで戻ってきた風太郎もその事には気がついています。

そんな風太郎を引き寄せて一花は口付けを……。お姉さんらしい表情の多い一花ですが事後の一花が普段とはまた違った可愛らしさが炸裂している気がします。因みに前回出会った迷子の男児が話していた一花のキスシーンは百合キスだったようで。

修学旅行で自分の気持ちに素直になった結果として大暴走をして以来、風太郎の事を諦めてしまったかのような印象が強かった一花でしたが、今回の話で自分の気持ちを再確認。最終日での風太郎の答え次第ではこれからも積極的にアプローチをする姿を見られそうな気もしてきてしまいます。

まとめ:一花の学園祭はこれで終わり?

今回の話で一花と風太郎との間にあった二日目の夜での出来事が描かれ、学園祭の期間中にあった一花が絡んだ色々は残されていないような気がします。

そうなってくると次回はまた別の誰かの当番になってきそう。二日目に倒れてしまったらしい誰かも気になりますし、初日も何事もなく終わった訳ではない様子。未だ描かれていない学園祭の裏にはどんなストーリーが待っているのか楽しみです。

そして今回と似たようなタイトルだった最後の試験ではラストに二乃の告白とそれが聞こえていなかった風太郎。その後に改めて二乃が風太郎に告白するといった大事件がありました。

今回の大トリを迎える誰かにも衝撃的な何かが待っていそうな気がしますが、一体ラストが誰でどんな事が起きてしまうのか。約束の時を迎える最終日に風太郎が決断した答えはどんなものなのか……。

「七つのさよなら」に並ぶくらいに長い期間をかけて描かれていきそうな学園祭の行く末を見守りたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました