スポンサーリンク

人類の存亡を賭けて偉人たちと様々な神話の神々が激突する〜「終末のワルキューレ」感想

こんにちは、かなめです。

幾つになっても伝説の英雄や偉人、神話に登場する神々の活躍にはワクワクしてしまいますよね。
それと同じぐらいに皆大好きなのが最強論争です。
子供の頃などに有名な漫画で普段は仲間同士のあのキャラとあのキャラが対決したらどっちが強いのだろう、果たして誰が最強キャラなんだろうと妄想を働かせた人も多いはず。「終末のワルキューレ」はそんな妄想を具現化するような漫画になっています。

原作の梅村真也、構成のフクイタクミと共に作画のアジチカが描く本作は月刊コミックゼノンで連載中。コミックスは現在5巻までが発売されています。

次にくる漫画大賞2019では20位、このマンガがすごい2019では5位に入賞するなど注目度の高い「終末のワルキューレ」のあらすじと見どころや魅力を紹介していきたいと思います。

 

「終末のワルキューレ」のあらすじ

全世界の神VS偉人、武人、傑人!!!!地上で横暴を極める人類に対し、神々は人類の滅亡を決定する。その決定を覆すべく選ばれたのは人類史上最強、13人の戦士たち。神々とのタイマン13番勝負に勝ち、人類を存続させることは出来るのか!?第一回戦は北欧神話最強「トール神」VS三国志最強「呂布奉先」!人類存亡を賭けた戦いが、今始まる!!

「終末のワルキューレ」の魅力を紹介

偉人たちと神々のガチンコバトルがすごい

13VS 13の戦いが組まれる中で天界最強の神々に対抗するべく人類代表として選ばれたメンバーには呂布やシモ・ヘイへなど戦闘向けの偉人たちだけでなくニコラ・テスラやノストラダムスなど果たしてどうやって戦うのかよく分からない人物も含まれています。
ゼウスやオーディンといった主神クラスをはじめとする神々に彼らがどうやって立ち向かっていくのか気になってしまいますね。
また彼らに力を貸すワルキューレたちは「神器錬成」というスキルで力を増していてどんな能力が登場するのかも注目のポイントになっています。

初戦から最強がぶつかり合う注目のカードが目白押し

神々と人類のガチンコ勝負が描かれる本作ですが、第1巻では人類側「呂布奉先」VS神々側「トール」という力同士のぶつかり合いが描かれます。

最初から化物のような強さを誇ったとされる呂布と雷神トールの凄まじい戦いが始まってしまうのですが、その先も最初の人類「アダム」VSギリシャ神話の主神「ゼウス」など興味深いカードが揃っています。

そんな彼らの手加減なしのバトルがつまらない訳はないでしょう。

呂布奉先の生前の活躍が描かれる番外編も……

コミックゼノンでは2019年12月号から人類側の偉人の1人「呂布奉先」が主人公として大暴れする「終末のワルキューレ異聞 呂布奉先飛将伝」もスピンオフ作品として開始しています。

強大な力を思う存分に奮いながらも出る杭は打つとばかりに割と早いうちに討伐されてしまった呂布を主人公とした物語は多くもなく本作は知らなくても三国志ファンなら楽しめてしまう作品なのではないかと思います。

「終末のワルキューレ」の感想まとめ

「終末のワルキューレ」は最強と最強がぶつかり合う手加減なしのバトル漫画ということで勢いの凄い作品になっています。

基本的な能力自体はやっぱり神々の方が強いのですが、創意工夫を持って立ち向かっていく人類のバトルがとても熱いです。あまりの激戦にどっちが一体勝つんだろうと最後まで分からないままにワクワクしたまま読み進めてしまいました。

発行元であるノーススターズ・ピクチャーズのマンガほっとならば毎日配られるライフで試しに読んでみる事もできますしチェックしてみてはどうでしょうか。
あまりにも面白すぎてライフが足りなくなったのならばコミックスでの購入をお勧めします。

created by Rinker
¥535 (2020/03/30 16:40:39時点 Amazon調べ-詳細)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました