スポンサーリンク

どんな目に遭っても死なないオッサンと不幸な少女の相棒(バディ)アクション〜「アンデッド・アンラック」感想

2020年に入り「鬼滅の刃」「約束のネバーランド」などの主力勢や「ゆらぎ荘の幽奈さん」といった長期連載などの円満終了が続き、次の看板作品になれそうなヒット作の登場が期待されている週刊少年ジャンプ。現時点で「呪術廻戦」「アクタージュ」などがTVアニメ化や舞台化など発表されていますが、その先となってしまうと残念ながら不発に終わってしまう新連載も多く短期打ち切りが続いてしまっています。

そんな中でここにきて注目が集まっているのが甲本一先生の「マッシュル」と戸塚慶文先生の「アンデッド・アンラック」です。
そのうち「マッシュル」については別記事でまとめてあるのでそちらを参照してください。

今回はそんなこれから来そうな大注目作品「アンデッド・アンラック」の見所と魅力をまとめて紹介します。

アンデッドアンラック 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

「アンデッド・アンラック」の基本データ

連載媒体:週刊少年ジャンプ
作者:戸塚慶文
出版:ジャンプコミックス(集英社)
コミックス:1巻〜

「アンデッド・アンラック」の見所と魅力

古き良き王道展開が熱い

アンデッド・アンラック」は肌を触った相手に「不運」が舞い込んでしまう女の子・出雲風子と体がバラバラになったり刀で貫かれても死なないオッサン・アンディが巻き起こすドタバタ王道漫画です。アンディたちと敵とのド派手なバトルとコミカルな会話が両方とも楽しめます。

バディものではありますがオッサンが主役の1人で妖怪や幽霊を退治しないバトルものって今のジャンプではかなり貴重なんじゃないでしょうか。
しかもアンディは出来事をウジウジ悩んで後悔するタイプじゃなくて行き当たりばったりで失敗したとしてもガハハと笑って飛ばすような楽観的なタイプ。余りにもさっぱりしすぎていて見ていても気持ちが良いです。

普通の方法では死ぬ事ができない彼は風子の能力なら死ぬ事ができるんじゃないかと思い行動を共にします。物凄い不運を受けるために風子と性交渉しようと手段を選びませんが、かと思えば追っ手を倒すためにやけになって風子の方から求めてきたときはそこまで腐ってないと怒るぐらいには紳士的な一面も持ち合わせています。

そしてバトルでは不運で隕石を引き寄せたり豪快な戦い方をしたと思ったら、相手の能力の弱点を探して攻略していったり頭を使った一面もあるのが面白いです。

中身が濃いわりにトントン拍子に進んでいくストーリー

最近は序盤から引き延ばしがちな作品も多いですが、この作品ではビックリするほどスピーディな展開が待ち受けています。

アンディたちと同じく超能力を持つ否定者たちの組織・ユニオンに追われていましたが、風子が彼らの味方になる事で追撃の手をかわす事を思いつきます。但し定員が10人と決まっているため風子の分とアンディの分で2人を倒さなくてはいけません。
追っ手の1人を撃退して一人分はなんとかなったのですが、もう一人分のため50年前にアンディを捕らえてユニオンに連行した因縁の相手との戦いが待ち受けています。
そんな展開を消化するのに普通の漫画なら2巻の終わりまでか、それ以上かかってしまう所を2巻の序盤には片付いてしまうとか本当にスピーディとしか言いようがありません。

その因縁の相手は人気が出そうな外見をしているのですが、アンディたちがユニオン入りを果たすために彼女と激闘を繰り広げ退場してしまいます。
最後にアンディが彼女にかけた言葉が外見よりも本質を捉えていて、豪快なように見えてやっぱり意外と紳士な性格を表しています。

「アンデッド・アンラック」の感想まとめ

単純明快だけどヒキの良さで次の話が気になってしまう面白さもあるオススメの漫画が「アンデッド・アンラック」という作品です。多分、ネタバレ抜きでオススメポイントを詳細に書いていったらキリがない事でしょう。

次にくる漫画大賞2020 コミックス部門にもノミネートされるなどその人気は確か。看板作品になれるかはわかりませんが中堅を担う連載作品の一本になれるのは間違いありません。

敵に勝つためには手段を選ばない風子やアンディ、他の仲間たちがどんな冒険を繰り広げるのか、これからの飛躍に期待が持てる一作です。

created by Rinker
¥460 (2020/10/24 05:52:59時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました