スポンサーリンク

遠い日の約束から始まる白球にかける想い〜「球詠(たまよみ)」の魅力と見所を紹介

中学時代での経験から野球を止めようとしていた主人公が幼馴染と再会、仲間たちと共に全国を目指す女子野球マンガ「球詠」が面白かったので紹介します。

作者はマウンテンプクイチ先生で月刊まんがタイムきららフォワードにて連載中。既刊が現在5巻までが刊行されており、時期は未定ですがアニメ化も決定しています。

最近、芳文社が漫画読み放題アプリ「コミックFUZ」を立ち上げたこともあって良く広告で見かける気はするんですが見た目からは侮れないマンガでした。今回はそんな「球詠」のあらすじや見所、魅力をまとめてみました。

「球詠」のあらすじ

中学生時代は一回戦負け野球部のエースピッチャーだった武田詠深。高校へと進学し隣の席になった川口芳乃や姉である息吹と出会います。

そんな彼女たちに学校も制服で選んだようなものと語る詠深は野球を辞めようとしていた……が、幼い頃の親友だった山崎珠姫と思いがけぬ再会を果たします。

幼い頃に投げていた「あの球は投げないの?」と聞く珠姫に答えた詠深の白球の行方から新しい挑戦が始まります。

「球詠」の見所と魅力

スポ根女子に燃え萌え!

この球詠の掲載誌は「まんがタイムきららフォワード」で所謂きらら系列なんですが、きららと言えば「ご注文はうさぎですか?」や「こみっくがーるず」「きんいろモザイク」とアニメ化したものだけを上げてみてもゆるーい四コマのイメージがどうしても強くなってしまいます。

そんな経緯から本格っぽいのは広告で見るカットだけで、残りはなんちゃって野球が繰り広げられるんだろうなと侮って見てみたのですがこれが大間違いでした。

可愛い女子はアイコンだけで中身はしっかりとスポ根ものの王道展開が繰り広げられていきます。最初の練習試合だから軽い相手だと思ったら強豪校だったりするのはお約束ですね。

主役だけじゃない魅力的なキャラクターたち

話のメインは詠深と珠姫のバッテリーなのですが、忘れてはいけないのが野球は9人でやるものだという事。他の部員たちにも活躍する場面がしっかりと与えられていて不遇になってしまう事がありません。しかもみんな可愛い……そんな女の子たちが激闘を繰り広げ、友情や時にはそれ以上の感情もありそうな関係を築いていくのだから見ごたえがない訳がありません。

キャラクターたちがどんな想いで試合に臨んでいるのかなどみっちりと描かれていきます。でも試合自体はサクサク進むのでテンポが悪くなってしまうことはありません。

また、ライバル校も流石に主役同様に全員脚光が当たるという訳にはいかないのですが魅力的に描かれており話を引き立てていきますよ。

野球好きも満足できる野球描写!?

作者のマウンテンプクイチ先生が野球好きらしいということもあって試合の上での戦術や戦略といったものがシッカリと描かれていた気がするのも印象的です。この辺は実はあまり分からなかったりするのですが、ネット上だと高評価されている部分ですね。

野球を知らない人でも解説がわかりやすいのでどんなものか知るきっかけにも良い気がします。

「珠詠」の感想まとめ

きらら系列らしく可愛い女の子たちが奮闘するスポ根マンガで抜粋で見かけたときに面白そうだなと思ったんですが、良い意味でそれを裏切って超えてきた感じでお勧めできます。

先述の通り既にアニメ化も決定しているのでこれから伸びていく期待の作品といった感じではないでしょうか。試合描写に躍動感があったりとアニメーションで動いても結構映える気がしますね。詳しいことはまだわかっていないのですが先駆けてコミックスで予習してみるのも面白そうです。

芳文社が新たにマンガアプリの「コミックFUZ」を立ち上げたおかげで序盤ですが無料で読めますし試し読みもできますが、ハマってしまう事請け合いですよ。

詠深と珠姫が追う白球の行方がどこへたどり着くのか一読してはいかがでしょうか?

COMIC FUZ - 人気漫画が毎日読める

COMIC FUZ – 人気漫画が毎日読める

HOUBUNSHA CO., LTD無料posted withアプリーチ

コメント

タイトルとURLをコピーしました