スポンサーリンク

親友を助けるために急ぐホームズだが!?〜憂国のモリアーティ第54話最後の事件第七幕(The Final Problem Act.7)」のネタバレと感想

ジャンプSQ(スクエア)2021年2月号に掲載の憂国のモリアーティ第54話「最後の事件第七幕(The Final Problem Act.7)」の感想です。本誌のネタバレがありますので未読の方はご注意ください。

前回のあらすじ

計画を最終段階に移したウィリアムと対面し、その口から計画の全貌を聞かされたシャーロック。ウィリアムはシャーロックに黒と白の2通の封書を渡すと再び姿を消した。

白の封筒の内容はウィリアム言う通り、最後の事件を起こす場所と時間が記されていた。一緒に行こうと誘われたジョンだったがシャーロックを信じると1人で行くように促した。

”生きろ”と道を示されたモランとアルバートはその意味を噛み締めてそれぞれの行き先へ向かう。

黒い封書の示していた貧民街の住所へと向かったシャーロックは犯罪計画書とウィリアムたちの出生記録、それらと同封されていた1通の手紙を手に入れる。手紙にはシャーロックに未来を託すウィリアムの気持ちが書かれていた……1人の友人として。

「生まれ変わったら」本当の友達になりたいと記された手紙から本心を知ったシャーロックはまだ間に合うとウィリアムの行為を止めに急ぐ。

第54話「最後の事件第七幕(The Final Problem Act.7)」

身分のない世界

最後の事件の現場へと急ぐシャーロックはロンドン塔の火災と犯罪卿の仕業であることを知ります。
貴族の不幸を笑う民衆たちでしたが、火災はロンドン塔だけでなく街中の至る所で発生していました。

特権階級だけでなく一般市民までも殺す気であったと激怒する民衆。風向きのせいもあってロンドン塔の火災をそのまま放置すると貧民街にも飛び火の被害が及びかねません。

一致団結してロンドン塔の火災を食い止めようとする貴族たちでしたが、不慣れゆえに思うようにいきません。狼狽する貴族たちに助け舟を出したのは貧民街に住む市民たちでした。

身分階級の隔たりなく手を取り合って火災を食い止めようとする人々。今、犯罪卿によって国は一つになろうとしていた。

ベタですが共通の敵を前に争ってきた人たちが一致団結する展開は良いですね。

 

そして終わりの地へ

計画に則って市民たちの避難誘導を急ぐボンド。仕込んでいた起爆装置が作動するまで残り10秒と言うところで1人のおさげの少女が持つ人形が突風で飛ばされてしまった。
目撃した貴族の少女が駆け出し、2人の側で爆発が起きる。庇ったボンドのおかげで少女たちは無事に助かっていた。拾った人形を貴族の少女から手渡されたおさげの少女は笑顔で受け取った。

火事場を切り抜けて分かり合えた貴族と市民たち。突如、建設中のタワーブリッジから強烈な光が放たれた。
ブリッジの上で向き合って対峙するシャーロックとウィリアム。”生”へと引き戻そうとするシャーロックの手を拒みウィリアムはシャーロックと対決する!

第一話に繋がった! 個人的にはウィリアムが必死に未練を断ち切ろうとしているように見えるのですが、全てはシャーロックにかかっています。

『憂国のモリアーティ』を無料でお得に読む方法は!?

お金をかけないで沢山のマンガを読んでみたいと思ってしまいがちですが、2021年1月1日からは改正著作権法が施行され無断でアップロードされた著作物を違反だと知りつつダウンロードする行為は違法化されました。例えば昔あった「漫画村」に代表される海賊版サイトで読む行為は改正著作権法に抵触し、最悪の場合は刑事罰を受ける可能性もあるので絶対にやめましょう。
(pdfやzipファイル保存をしなくても読んだ時点でキャッシュとしてダウンロードされて法律に引っかかってしまう可能性があります)

そんな時に出来るだけお得に電子書籍を買いたいのであれば「U-NEXT」「FOD(フジ・オンデマンド)」などのお試し期間でポイントが配布されて、電子書籍も購入できる動画配信サービスがオススメ
登録時に配布されるポイントを利用して書籍を購入し、お試し期間内に解約すれば実質的に無料で読むこともできなくはありません。

またソフトバンクやワイモバイルと契約していたり、Yahooプレミアムを利用しているユーザーなら「eBookJapan」がオススメです。毎週金曜日に最大20%オフになるクーポンが配られたり、お得になるキャンペーンも多いので安く買えるチャンスが多いです。
独自の背表紙本棚などユーザーインターフェイスが充実しているのもebookjapanの魅力です。

55話以降のストーリ予想&考察、作戦の行方は?

友人を悪の道から救い出そうとするシャーロックと自らの計画を終わらせる目的を果たそうとするウィリアム。市民と貴族のように分かり合えそうながらも相入れない立場の2人がどうなってしまうのか……。

ライヘンバッハの滝じゃないですが、今回のラストで第一話の冒頭のシーンに繋がったこともあり最終決戦となりそうです。原典なら2人とも転落して生死不明(後にシャーロックは生還)になってしまいそうですが、シャーロックはウィリアムを”生”に引きとどめることができるのでしょうか。

シャーロックが本来の身元を知りましたし、生存ルートならウィリアム・モリアーティは死亡して本名で生きていくパターンもありそうですが……。

コメント

タイトルとURLをコピーしました