スポンサーリンク

夢を諦めようとした女子高生が演劇の世界へと足を踏み出す〜「まくむすび」感想

今回は友人から手痛い評価を受けてしまったせいで漫画を諦めてしまっていた少女が、憧れの先輩との出会いをキッカケに演劇の道へと進んでいく青春演劇マンガ「まくむすび」を紹介します。

主人公の土暮咲良(つちくれ・さくら)こと”むすび”が創作演劇を中心に演劇部の仲間たちと舞台を作り上げていく高校演劇マンガで友情・努力といったエッセンスが詰め込まれています。


まくむすび 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

「まくむすび」の基本データ

連載媒体:ヤングジャンプ(アプリ版)・となりのヤングジャンプ
作者:保谷伸
出版:集英社(ヤングジャンプコミックス)
コミックス:1巻〜

「まくむすび」の見所と魅力

舞台を作り上げる事を中心に描いた物語

”むすび”が主に担当するのは舞台劇の脚本を書いたり演出のお手伝いなどの比較的裏方の仕事です。
舞台を演じる役者よりも全員で舞台を作り上げる部活動に焦点を当てた群像劇漫画に近いので陰ながらの立ち位置なのは納得です。
そうは言っても脚本がなければ舞台劇も成り立たないので裏方も大切な要素の一つなのは間違いないんですが。

登場人物たちは基本的に本名で呼ばれる事は少なく、ほとんどが部活動の中で使われる渾名=部名で呼ばれています。例えば主人公の土暮咲良(つちくれ・さくら)は”むすび”と名付けられています。
その由来は入部試験の際に咲良がオムスビ(オニギリ)を握るジェスチャーで発想力を垣間見せたの事のように描写されていますが、物語の中で咲良が演劇部の仲間たちを始めとしてライバル校の生徒だったりと絆や縁が結ばれていくのを見ると”むすび”というぴったりにも思えていきます。

個性的な演劇部を待ち受けるトラブルの数々!

むすびが参加する事になってしまった演劇部には彼女を見出したジャス子、包容力があるママ、音響を担当するボーズといった先輩たちとリューグーやいもにという同級生が所属しています。

その演劇部は過去には大きな大会で結果を残していた時期もあった伝統の部ですが、それにも関わらず現在は学校内で立場があまり良くありません。
メンバーも数えるほどしかいないのですが、それにはジャス子やママといった先輩たちが口をつぐむトラブルが過去にあったようで……その理由が気になるとともにむすびたちの知るところになった時にどうなってしまうのか心配になってしまいます

「まくむすび」の感想まとめ

演劇部の仲間たちが部活動を通じて一つの目標に向かって努力したり、和気あいあいとしながら仲を深めていく青春演劇マンガが「まくむすび」という作品です。

部活動モノのお約束になっている廃部寸前だったり過去のトラブルで人数不足だったり問題を抱えている中で頑張っている登場人物たちを応援したくなるのと同時にこれからの成長が楽しみになっていきます。

元々はヤングジャンプ本誌に掲載されていたもののWEB媒体への連載移籍になってしまった作品ではあるのですが、これから化けて再び脚光を浴びる作品になれるのか、残念ながら埋もれていってしまうのか……。これからに期待がかかるだけに後者にならないように応援していきたいですね。

created by Rinker
¥2,508 (2020/09/28 02:44:00時点 Amazon調べ-詳細)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました