スポンサーリンク

伊賀崎ハコ長に異動の誘いが…/モーニング2・3号『ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜』181話ネタバレ感想

この記事は2021年12月9日(木)発売の『週刊モーニング』2・3号にて掲載されている『ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜』181話の感想です。

前回は川合と藤部長で2人だけの慰安旅行でした。デコボコながらもお互いを大切に思っているペアの想いが伝わってくると同時に、成長している川合に置いてかれるように感じていた藤の思いが複雑でした。たくましく育っていきそうな菜摘ちゃんの将来も楽しみです。

ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜181話「サボり時々ワークフレンド」感想

塩谷が安定のクズすぎる件

中富課長の元を訪れた鎌田部長と松島部長、3人は川合のことをすごく心配してましたね。確かに塩谷から殺されてしまう悪夢を繰り返し見ているようですし、そんなすぐにトラウマ解消は出来なさそう。

それにしても今回も塩谷のゲスさが際立っていました。聴取に同席していた松島の顔が怖くなるのも仕方がありません。

「ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜第181話より

なんというか「これじゃ俺、滅茶苦茶嫌なやつじゃん」って客観的に見たらわかっているようで、作為的に塩谷が嫌な奴に見える調書を仕立て上げていると思っているわけで……。どう客観的に見ても「めちゃくちゃ嫌な奴」以外の何でもないんですけどね。

驚くほど救いようがないんで、一生改心することはないんだろうなと呆れてしまいました。

伊賀崎ハコ長のお見舞いに訪れたのは…

立てこもり事件で負傷して入院中の伊賀崎交番所長をお見舞いに訪れた中富課長と藤、川合の3名ですが、その前に先客が訪れていました。岡島県警の警備部長だそうですが、聞かれても内容がわからないように2人で隠語で話すのに凄みがあります。

意訳した内容も意味深すぎてなんだか難しいんですが「伊賀崎ハコ長が今でも公安に通じていること」「陰ながらの捜査で公安の手が足りてないこと」はわかりました。捜査中の事件が今後のストーリーに関わってくることはあるんでしょうか?

「ハコヅメ〜交番女子の逆襲〜第181話より

その後も伊賀崎ハコ長の初代ペア長に対する思いや藤と川合への気持ちでしんみりしたんですが、全部「ワワワワ」で吹き飛ばしました。前回の「むろーん」って返事もそうなんですが、そういうちょっとした会話のテンポが良いツボになりますよね。

中富課長が手続きしてくれるおかげで、伊賀崎ハコ長が異動してしまうのはなさそうなので一安心しました。

まとめ:合併号のため来週はお休みです

巻末の次号予告によると次回は現場対応が正しかったかどうかをお偉いさんの前で検証するようです。

さらにアニメ化の続報記事も掲載されるようですが、現在のところアニメに登場が確定しているのは3巻までの登場人物のみになっています。個人的には原作に準拠したシナリオなら登場するはずのカナ&鬼瓦教官の情報公開があるのかどうかが気になります。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました