スポンサーリンク

異世界と現代の関連とは!?驚きの展開が連続の異能バトル漫画〜「デッドマウント・デスプレイ」感想

死霊を操る邪悪な存在と災厄潰しと呼ばれる騎士の戦いを描いたファンタジー漫画……かと思いきや驚きの展開が待っているという現代転生ファンタジー漫画「デッドマウント・デスプレイ」が面白かったので紹介します。

ヤングガンガンで連載されており、作画は藤本新太、原作は「バッカーノ!」や「デュラララ!!」の成田良悟となっていてこれだけでも期待大な感じです。現在既刊が3巻まで発売されており、マンガUPでも途中まで読む事ができます。

「デッドマウント・デスプレイ」のあらすじ

生まれつき亜眼と呼ばれる特殊な力を持っていた故に希代の死霊術師だった屍神殿(かばねしんでん)でしたが、放っておくと世界が滅亡の危機に陥ってしまうという事で神殿の最終兵器である”災厄潰し”シャグルアが派遣され最終決戦が開始されます。

互角の戦いを繰り広げますが最終的にシャグルアも見たことのないという屍神殿の強力な魔法が発動してしまいます。

気がつくと彼は異世界に何者かに殺された少年の四乃山ポルカとして転生する事になります。警察に声をかけられてしまったポルカの前に一人の少女が現れますが、なんと彼女こそポルカを殺した犯人でした。逃げ惑うポルカを廃ビルに追い詰めたかと思った少女でしたが……まさかの展開になってしまいます。

「デッドマウント・デスプレイ」の見所と魅力を紹介

一筋縄でいかないストーリー

ファンタジーと思いきや現代に異世界転生してしまう予想外の展開が待っていますが流石だというべきなんでしょうか。それだけでなく与えられた情報が1話の中で二転三転としていく様には驚きを隠せません。普通ならこうなんだろうなと予想したことが次々に裏切られてしまうという……。

異世界の力を振るう主人公が無双するかと思いきや、匹敵する相手が続々と登場してくるので派手なバトルも次々に繰り広げられて物語に惹きこまれます。

ポルカを始めとした魅力的なキャラクターたち

舞台は新宿なんですが、この話の新宿は非常にアンダーグラウンドな雰囲気で裏稼業な人たちが多く存在しています。もちろん警察にも特殊な部署があって対抗していくのですが……そんな彼らも舌を巻いてしまうような強力な敵が登場してポルカたちの相手となっていきます。

でも強力な力を持った主人公であるはずのポルカは現代の常識に疎くてちょっと天然、関わってくる現代人のはずの殺し屋も大概だったりするので唯一常識人ぽい情報屋の兄ちゃんがなんとも癒しになっていきます。彼らの上司である倉木リサ(クラリッサ)も闇社会の人間らしく秘密を抱えていてミステリアスですし、ある意味対立する相手である警察のメンバーも一癖や二癖ありそうなメンツばかり。

そんなキャラクターたちが第1巻に登場するレミングスを始めとした超常的な力を持った相手にどうやって立ち向かっていくのか楽しみになっていきますね。

ストーリーにはまだまだ秘密が……!?

ポルカが地球に転生をしてしまう前に居た異世界なんですが、どうやら全く関係がないという訳ではなさそうな感じです。あんな登場の仕方をした異世界のメンツが冒頭のちょっとだけで終わってしまうわけがないのでどう関わってくるんでしょうか。

元ポルカにも殺される事になった理由があるはずですが、今後の話に関わってくるのか伏せられていますし気になる事だらけでいつ明かされるのかとページをめくる手が止まらなくなっていきます。

デッドマウント・デスプレイの感想まとめ

ファンタジーとリアルが混在する世界で次々と予想を裏切ってくる展開と個性的なキャラクターたちが魅力の漫画ですが、最初のうちは地盤固めがメインになってきます。ここで撒かれた伏線が最終的にどう帰結するのか楽しみになってきますね。単行本ではおまけ小説なんかもあり話に関わってきそうなのが面白いです。

本誌からだいぶ遅れていますがマンガUPならば無料で読むことができるので気になったら試しに読んでみるのもオススメです。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX INC無料posted withアプリーチ

コメント

タイトルとURLをコピーしました