スポンサーリンク

裏梅VSお兄ちゃんの戦い。そして新たな助っ人が!〜呪術廻戦 第135話「渋谷事変52」ネタバレ感想

スポンサードリンク

呪術廻戦第135話を読みました。

京都組の援護がありつつも、偽夏油の方がまだ格上。それもそのはず偽夏油の正体は少なくても江戸時代から生きている術者で……偽夏油の正体を知る脹相が何故か虎杖の援護をしてくれることに。
そんなお兄ちゃん(違う)の前に立ち塞がったのは裏梅だったという前回の話です。

ついに洗脳が完了したのか虎杖のお兄ちゃんだと思い込んでいる脹相と実力を見せていない裏梅の強さが気になりますが果たして。

この記事ではそんな前回の続きから始まる135話のネタバレと感想&考察をまとめて紹介します。

第135話のネタバレ

脹相のお兄ちゃん発言の真意とは……

腸相は「弟」たちに命の危険が迫った時に察知する能力を持っていた。

虎杖を殺そうとした瞬間に能力が働いたために理由が分からず動揺してしまったが、偽夏油の正体と九相図を作りだした加茂憲倫が同一人物だったと知り、脹相はあり得ない話じゃないと納得していた。

これまでの戦いで疲弊している脹相だったが、裏梅と偽夏油を相手に善戦する。
脹相が気を引いている隙に獄門疆を奪おうと一転攻勢を賭ける虎杖たちだったが……。

全力でお兄ちゃん!
脳内に溢れ出した存在しない記憶のことを知らない虎杖とパンダには頭のおかしい人の扱いされています。
まさか東堂と同じ扱いされてしまうとは思いませんでしたが、疲労していても偽夏油たちに負けていないとか頼りになる仲間になれそうです。

裏梅の術式が明らかに!

攻勢に出ようとするも裏梅の氷凝呪法「霜凪」で虎杖たちは凍らされてしまう。

反転術式で怪我を治した裏梅が逃げ出そうとする張相にトドメをさそうとするが、力づくで氷を破った虎杖が参戦!

空中にいたために影響を受けていなかった西宮と3人で共闘し偽夏油たちに立ち向かう。

しかし裏梅の氷凝呪法「直瀑」を目の前にやられると思った虎杖だったが、ピンチを救ったのは助けに現れた特級術師の一人の九十九由基だった。

裏梅のイメージと氷の術式が似合ってますね。
裏梅が平然と反転術式を使っていたり、脹相の赤血操術のレベルに加茂先輩が驚いているのを見ると五条を除き昔の方が技術レベルは上だったりするのかも。

『呪術廻戦』を無料でお得に読む方法は!?

お金をかけないで沢山のマンガを読んでみたいと思ってしまいがちですが、2021年1月1日からは改正著作権法が施行され無断でアップロードされた著作物を違反だと知りつつダウンロードする行為は違法化されました。例えば昔あった「漫画村」に代表される海賊版サイトで読む行為は改正著作権法に抵触し、最悪の場合は刑事罰を受ける可能性もあるので絶対にやめましょう。
(pdfやzipファイル保存をしなくても読んだ時点でキャッシュとしてダウンロードされて法律に引っかかってしまう可能性があります)

そんな時に出来るだけお得に電子書籍を買いたいのであれば「U-NEXT」「FOD(フジ・オンデマンド)」などのお試し期間でポイントが配布されて、電子書籍も購入できる動画配信サービスがオススメ
登録時に配布されるポイントを利用して書籍を購入し、お試し期間内に解約すれば実質的に無料で読むこともできなくはありません。

またソフトバンクやワイモバイルと契約していたり、Yahooプレミアムを利用しているユーザーなら「eBookJapan」がオススメです。毎週金曜日に最大20%オフになるクーポンが配られたり、お得になるキャンペーンも多いので安く買えるチャンスが多いです。
独自の背表紙本棚などユーザーインターフェイスが充実しているのもebookjapanの魅力です。

第135話の感想・考察

夏油が闇堕ちするきっかけとなった特級術師の九十九由基が登場しました。
現体制に批判的で割とドライなだけなのか悪人ではなさそうです。

どんな術式を使うのか分からないですが、特級なので希少かつ強力な能力の持ち主であるのは間違いなさそうです。

道を示した夏油の体を奪った偽夏油とは因縁の対決になりますが、本物の夏油は流石に関与できそうにないでしょうか。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました