スポンサーリンク

一安心も束の間、予想外の展開が待っていた〜呪術廻戦 第70話「懐玉 −陸−」ネタバレ感想

星漿体の少女、理子の護衛を依頼された五条たちでしたが、無事に学園を襲撃した賞金稼ぎを退けて一安心……かと思えばお世話役の黒井さんが攫われるという急展開に!

そんな目が離せない感じの終わり方で終わった前回でしたが、まさかそんな事になろうとはという感じです。

以下ネタバレを含む本編の感想のため、読む時は注意してください。

一安心する間も無く星漿体争奪戦は急転直下の事態へと……〜呪術廻戦 第69話「懐玉 -伍-」ネタバレ感想
星漿体の少女、理子にかけられた賞金に釣られて学園へと集う賞金稼ぎたち。その1人である職人オヤジ術者は夏油に倒されましたが、まだ魔の手は迫っています。こちらも強そうに見える紙袋マンの実力のほどは……!?

呪術廻戦 第70話「懐玉−陸−」

侍女の黒井誘拐事件発生!まさかそんなオチが待っていようとは……

黒井が攫われてしまった件、夏油が付いていながらどうして……!?と思ったら理子を守るために夏油が先行した所でやられてしまったらしい。確かに理子と黒井の関係性を知っていなければ人質作戦に打って出るなど考えにくいので夏油がその価値を見誤ってしまうのも無理はないのかもしれません。

奪還のためには交渉が鍵なのですが、どうしても黒井拉致の取引現場についてこようとする理子の「まだお別れも言ってないのに」が切ない感じですね。五条たちを信じていないは建前でそうでも言わないと置いていかれそうだったから必死だったのではないでしょうか。五条に関しては現在も過去も信じてもらえなくて仕方がないような性格してますが……。

黒井を助けたいという思いは五条と理子の両者が一致し緊迫した空気が流れ……

あれ!?いや、めんそーれ!じゃなくってとツッコミたいですが、そうじゃなくて……黒井拉致事件、いつの間にか終わってました。まさかとんでもない事になりそうだった誘拐事件の顛末が全カットされてしまうとは思いもしませんでした。

事件も解決して一同は沖縄の海でエンジョイムードになっています。気になる事件の経過が旅のしおりとしてザッと紹介されているのが遊びに来ただけにも見えて面白いです。犯人はよほどあっさり片付いてしまったようですが、なんで沖縄を指名したの?という疑問がありますがさておいて。
そんな犯人は実は術師ではない盤星教信者で黒井曰く不意打ちを食らってしまったが故の失態だったとのこと。でも襲われていた時の記憶が曖昧だそうで少し裏を感じてしまいます。

そして沖縄に来ていたのは五条たちだけじゃない

 

 

若かりし頃のナナミン!?
社畜オーラを纏っていそうな現在と違って切れ味がすごそうです。相方の灰原は新キャラなので現代で姿をまだ見せていません。
もしや彼が七海が呪術師を辞めてサラリーマンの道を選んだ原因にでもなったのでしょうか。もしそうだとすれば出てきていないことの辻褄があってしまう気がします。

そんな七海たちは五条たちが予定変更したせいで空港待機していた空振りしてしまいました。七海は不機嫌そうでしたし、実は理子のためとはいえ五条に人徳がないのはこういう所が影響しているのでしょう。

東京へと帰還、任務完了と思ったら……満を辞して本命登場!?

滞在時間を延長して沖縄を満喫する理子たち。東京へ戻ればすぐに天元様と同化が待っているので最後に良い思い出ができたのではないでしょうか。美ら海水族館と思わしき場所でのクジラと少女の絵柄が美しいです。

一番最初の予定からはトラブルもありで大幅に遅れてしまいましたが、無事に高専へと戻った一同はようやく任務終了。掛けられていた賞金も期限切れ取り下げられて安堵の空気が流れますが、そこにはいつの間にやら忍び込んでいた伏黒の姿が……!?

呪術を無効化するのか自分の存在を隠蔽してしまうのかわかりませんが、伏黒が持つ術式がタネなのは間違いなさそうです。彼が伏黒(恵の)父だとすれば、もしかしたら誰かの影に潜んでいた可能性もあるかもしれません。
結界内にバレずに入り込んだトリックがどんな形にせよ安全地帯に入ったと思って油断したところを狙うとはやっぱり用意周到です。

刀で刺された五条が死んでいないのはわかりきった事実なのですが、読んでいる方も沖縄の風景などで気が抜けていたところなので衝撃的です。

五条が三日間ずっと眼を使い続けた上に睡眠時間も取れていないという疲弊しきった状況で一番の強敵が現れてしまいました。更には手傷も負ってしまって全力は出せなさそう。そうなってしまうと頼りになってくるのは夏油のみ!?

楽勝ムードから一転大ピンチを迎えてどうなるか気になるところですが、そんなタイミングで合併号なので続きは再来週まで待たなくてはいけません。

どうやって切り抜けるのか、それとも悲劇が待っているのか……過去編のクライマックスも近そうですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました