スポンサーリンク

ノー・タイム・トゥ・ダイ! ボンドに迫る危機!!〜SPY×FAMILY(スパイファミリー)【第40話】のネタバレと感想

ジャンプ+で配信されている人気コメディマンガ、SPY×FAMILY(スパイファミリー)の最新話を読んだのでネタバレと感想をまとめました。

この記事を読んで気になるようだったら電子書籍をお得に買える情報も一緒にまとめてあるので参考にしてください。

前回の話はこちら

ダミアンが教えられた勉強よりも大切なもの! !〜SPY×FAMILY(スパイファミリー)【第39話】のネタバレと感想
ジャンプ+で配信されている人気コメディマンガ、SPY×FAMILY(スパイファミリー)の最新話を読んだのでネタバレと感想をまとめました。 この記事を読んで気になるようだったら電子書籍をお得に買える情報も一緒にまとめてあるので参考にして...

 

SPY×FAMILY(スパイファミリー)【39話】のネタバレ

ボンドは二度死ぬ

怠惰の極みを尽くすボンドが未来を予知するが、真っ暗で何も見えない。

自分が殺されてしまうのではないかと勘違いしたボンド。
アーニャなら自分の気持ちをわかってくれると部屋に向かうが宿題で忙しいと断られてしまいます。

ショックを受けるボンドだったが、ドッグフードを切らしていた上に今夜はロイドも遅いためヨルが夕飯を作ってみると張り切るところを目撃する。

ヨルの作ったご飯が死因だと察したボンドは戦慄する。
ならばイヤイヤをして拒めばいいと名案を思いつきますが、母を怒らせたら殺されるから気をつけろとアーニャからアドバイスをされた事を思い出し結局殺されてしまうのではと最悪の想像がよぎります。

万事休すなボンドでしたが、ロイドが早く帰ってきてくれればヨルがご飯を作ることもなくなり、最終的に自分も助かるのではと思いつき家の外へ駆け出します。

私を愛したスパイ

大冒険の末、ボルン社から『ゲロリマス』のサンプル奪取の任務中だったロイドの居場所を見つけ出したボンド。

ロイドに事情を説明しようとしますが、うまく伝わりません。
そのうちに敵の巣へと駆け出すボンドですが、能力を使ってか人のいないルートを選んでうまく先導していく。

ロイドが向かっていたボルン社にはプロジェクト〈アップル〉も関与も噂されていて仲間の仇を取るためだと思ったロイドは一緒に任務を果たそうとコンビを組んだ。

無事に研究室までたどり着いた1人と1匹でしたが、ボンドは急に戻ってきた所員に発見されてしまう未来を予知した。
強引に引っ張るボンドの様子からロイドは何かを察するが……。

ボンドの予知通り戻ってきた所員たちでしたが、「『ゲロリマス』は頂いた」という犯行文を目にする。

慌てて隠し場所を確かめますが、それがロイドたちの思惑通りだった。

助けを求めようとする署員にボンドが手痛いドロップキックを加えて任務は無事終了。
ボンドは無事に美味しいご飯にありつける未来を予知した。

SPY×FAMILY(スパイファミリー)を無料でお得に読む方法は!?

お金をかけないで沢山のマンガを読んでみたいと思ってしまいがちですが、2021年1月1日からは改正著作権法が施行され無断でアップロードされた著作物を違反だと知りつつダウンロードする行為は違法化されました。例えば昔あった「漫画村」に代表される海賊版サイトで読む行為は改正著作権法に抵触し、最悪の場合は刑事罰を受ける可能性もあるので絶対にやめましょう。

SPY×FAMILY(スパイファミリー)はジャンプ+で初回こそ無料で読む事ができますが、読み返そうとするとコインが必要だったり、好きな漫画は手元に置いておきたくなってしまいます。

そんな時に出来るだけお得に電子書籍を買いたいのであれば「U-NEXT」「FOD(フジ・オンデマンド)」などのお試し期間があって漫画も読める動画配信サービスがオススメ
登録時に配布されるポイントを利用して書籍を購入し、お試し期間内に解約すれば実質的に無料で読むこともできなくはありません。

またソフトバンクやワイモバイルと契約していたり、Yahooプレミアムを利用しているユーザーなら「eBookJapan」で毎週金曜日に最大20%オフになるクーポンが配られたり、お得になるキャンペーンも多いのでオススメの電子書籍サービスです。

SPY×FAMILY(スパイファミリー)【第40話】の感想と考察

今回はボンド回でした。

ボンドもヨルの作るご飯がアレなのは理解している様子で笑ってしまいました。
命の危機を回避するためにロイドの元に向かったボンドですが、意思疎通は出来ないはずなのに息ぴったりでしたね。

頭が良すぎるせいで深読みをしてしまうロイドに単純な動機は難しいようでしたが……。
名コンビで事件を解決してめでたしめでたしです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました