スポンサーリンク

乙骨の真の目的が明らかに!〜『呪術廻戦』第143話のあらすじと感想と次回の考察をネタバレ込みで紹介します!

週刊少年ジャンプで連載中の『呪術廻戦』最新話を読みました。

死刑執行人の乙骨によって虎杖が窮地に立たされる中、お兄ちゃんの意地を見せつけた脹相が禅院直哉を撃破!
喜んだのも束の間、背後に迫っていた乙骨に脹相も殴り倒されてしまいます。

苦しそうな直哉に乙骨は声を掛けるが……というのが前回のあらすじ。

前日譚の主人公なだけあって強さを見せる乙骨ですが、虎杖も脹相も倒されてしまいピンチに陥ってしまっています。

ここから挽回できるのか気になります。

この記事では最新話のあらすじのネタバレと次回以降の考察をまとめてみました。

第143話の感想をネタバレ込みで紹介

謎だった虎杖の両親がついに登場!

第一話で祖父が今際の際に教えようとするも虎杖に遮られてしまったおかげで謎になってしまっていた「両親って何者なの?」問題。

虎杖が世界記録を超えるほどの身体能力を持っていたこともあって、ずっと何かあるんじゃないかと言われていました。

最近になって脹相のお兄ちゃんセンサーに引っかかったり、偽夏油の発言から本体の脳みそが絡んでいる疑惑もあります。

そんな虎杖の両親が過去の回想シーンという形で登場しました。

幼い悠二を抱える父の仁に警告をする祖父。仁が聞く耳を持たないために次第にエスカレートしているところに母親が声をかけます。
その頭には隠されているものの縫い目の跡が……。

偽夏油=加茂憲倫=虎杖香織?だという新事実が明らかになり、やっぱりかと思うと同時に虎杖の身体能力の謎など腑に落ちるところもあります。

乙骨の本当の狙いが明らかになる!

虎杖の事を殺す気マンマンだったかのように思われた乙骨ですが、五条から後のことを頼まれて芝居を打っていただけでした。

ただし虎杖を殺すという縛りを結んでいたために一度は本当に殺した後で反転術式で即蘇生しています。

宿儺がニタリと笑ったのは乙骨の狙いを察したからのようです。

なぜそこまでして乙骨が虎杖を守ろうとするのかに対する答えは乙骨が大切な人たちが虎杖を大切にしているからだそうです。

この中に怒涛の嫌われっぷりの五条先生が入っているのかが気になります。

新たなる事件”死滅回游”の幕開け!

乙骨から君は悪くないと言われても自らの責任を感じてしまっている虎杖でしたが、その前に伏黒が現れます。

渋谷事変で宿儺が行った大量虐殺を自分のせいだと主張する虎杖に「俺たちのせいだ」と伏黒は言い返す。

確かに伏黒の奥の手を止めるために宿儺が領域展開をした結果なので原因の一端がなくはないのですが、それよりも単に一蓮托生で虎杖の重荷を背負おうとしてくれているのだと思います。

しかし、それでは虎杖が隣にいる限り伏黒は苦しむことになってしまうと葛藤する。

この辺の互いを思いやるゆえに自分の中に留めておきたい気持ちは「共犯」でのやりとりなんかに通じるところがありますね。

そんな伏黒は加茂憲倫の仕組んだ”死滅回游”に姉の津美紀が巻き込まれているとして助けを求めます。

ルールは割愛しますが、拒否権なしの殺し合いに強制参加させられているといったところ。

虎杖と伏黒は悪意に満ちた陰謀を阻止することができるんでしょうか。

第143話の感想&次回の考察

現状トップクラスの実力を誇る乙骨が味方で安心しました。

久しぶりに出てきた五条先生の根回しはさすがですが、信用がなさすぎる……。

乙骨が上層部に語っていたどこまでが本当のことなのか、家入さん以上の反転術式の使い手が戻ってきてくれたおかげで復活の目処がついた真希や釘崎の安否も気になります。

虎杖の母親が死んだはずなのに脳みそに乗っ取られていたのは予想の範疇とはいえ、全てが手のひらで転がされているようで恐ろしいです。

そんな奴の陰謀は次なるステージの”死滅回游”へと移ります。

どこかで見たようなルール説明で本格的に開始されるのは次回からになりますが、これが次なる山場になっていくのでしょうか。

今のところは津美紀を争って虎杖と伏黒が対立するような事にはならなそうなので良かったです。

余談ですが「FOD(フジ・オンデマンド)」で配信されてる漫道コバヤシの芥見先生インタビュー回はファンなら絶対に面白いので必見です。
初回登録ならば2週間無料の体験期間がある上にアニメ版の呪術廻戦も見れるので要チェックです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました