スポンサーリンク

事変も最終局面に入り、偽夏油の正体が判明!?〜呪術廻戦 第134話「渋谷事変51」ネタバレ感想

呪術廻戦第134話を読みました。年末進行のため2号連続で合併号が続いた上、前号では間に合わず特別編の掲載となっていたため久しぶりの本編になります。

偽夏油という黒幕を前にして虎杖は歯が立たず。宿敵の真人も偽夏油の手駒にされてしまうと絶望的な展開が続きますが光明はあるのでしょうか。

この記事ではそんな134話のネタバレと感想&考察をまとめて紹介します。

前話のあらすじ

虎杖との戦いに敗れてしまった真人の前に現れた偽夏油!
虎杖は夏油の持つ五条が封印された獄門疆を取り戻すために挑みかかるものの近づく前に攻撃を受けて阻止されてまった。
夏油が虎杖と交戦している隙を見計らって夏油を裏切り攻撃を仕掛ける真人でしたが、その行動も夏油の予想の範疇だった。
真人はあえなく封印されて球体になってしまった。

第134話のネタバレ

極の番「うずまき」の隠された能力とは!?

虎杖に「極の番」と言うものを知っているか聞く偽夏油。
その説明によれば「領域」を除いたそれぞれの術式の奥義のようなものだそう。
夏油が使う呪霊操術の極の番「うずまき」は取り込んだ呪霊を一つにまとめ超高密度の呪力を相手にぶつける術なのだとか。

手数の多さという呪霊操術の強みを捨てることになるという理由で最初は唆られなかったと言う夏油。しかしその真価は準1級以上の呪霊を「うずまき」に使用した時に術式の抽出にあったのだと語ります。
そのまま真人を凝縮した球体を夏油は飲み込んでしまう。

「術式の抽出」で何が起きるのか謎ですが、真人の無為転変を夏油も使えるようになったりするのでしょうか。

京都勢集結!

ふと空を見上げた夏油、その頭上には偵察をする西宮の姿が……!
西宮から送られた合図を元に目標に加茂の攻撃が叩き込まれる。回避した夏油だったが、すかさず真依が狙撃銃を打ち込む。立て続けの攻撃を防いだ夏油の背後にはこれまでとこれからの全てを乗せて刀を振るう三輪の姿があった。

三輪の全てをかけた渾身の一撃だったが夏油に受け止められ、刀はそのまま砕かれてしまう。
誰もが覚悟をした瞬間、助けに現れたのは日下部と歌姫の先生チームだった。

夏油には全ての攻撃を防がれてしまいましたが、京都校のメンバーたちの流れるような連携攻撃はお見事。交流戦では敵でしたが味方にすると何とも頼もしいです。

偽夏油の素性が明らかに!

虎杖にはパンダと加茂がフォローしにきていた。いつの間にか辿り着いていた脹相が夏油の顔を見て自らの生みの親でもある術師の加茂憲倫を思い浮かべます。

日下部は馬鹿げた結界術に馬鹿げた術具の所持など黒幕として妥当だと推察しますが、夏油からしてみたら夏油には憲倫も数ある名の一つだと好きに呼ぶように答えます。

夏油の正体に気がつき怒りで向かっていく脹相、彼と夏油の間に裏梅が割って入った。

「お兄ちゃんだぞ」と息巻く脹相と裏梅の戦いの行方は……。

自分と同姓同名(のご先祖様)加茂憲倫の名前を聞いて、つい「私!?」と驚いてしまう加茂先輩が可愛いです。頭が夏油と同じく糸で結んであるので九相図を生み出すなど史上最悪の呪術師と呼ばれる所業は偽夏油の仕業だったっぽいです。
それすらも受け継いで行った身体の1人にしかすぎないようで偽夏油の正体は更に昔の人物ということになります。

『呪術廻戦』を無料でお得に読む方法は!?

お金をかけないで沢山のマンガを読んでみたいと思ってしまいがちですが、2021年1月1日からは改正著作権法が施行され無断でアップロードされた著作物を違反だと知りつつダウンロードする行為は違法化されました。例えば昔あった「漫画村」に代表される海賊版サイトで読む行為は改正著作権法に抵触し、最悪の場合は刑事罰を受ける可能性もあるので絶対にやめましょう。
(pdfやzipファイル保存をしなくても読んだ時点でキャッシュとしてダウンロードされて法律に引っかかってしまう可能性があります)

そんな時に出来るだけお得に電子書籍を買いたいのであれば「U-NEXT」「FOD(フジ・オンデマンド)」などのお試し期間でポイントが配布されて、電子書籍も購入できる動画配信サービスがオススメ
登録時に配布されるポイントを利用して書籍を購入し、お試し期間内に解約すれば実質的に無料で読むこともできなくはありません。

またソフトバンクやワイモバイルと契約していたり、Yahooプレミアムを利用しているユーザーなら「eBookJapan」がオススメです。毎週金曜日に最大20%オフになるクーポンが配られたり、お得になるキャンペーンも多いので安く買えるチャンスが多いです。
独自の背表紙本棚などユーザーインターフェイスが充実しているのもebookjapanの魅力です。

第134話の感想・考察

ここで加茂憲倫の名前が出てくるとは思いませんでした。憲倫こそが偽夏油の正体かと思いきや、器にしかすぎなかったのも意外です。

利害関係の一致で手を組んでいるだけの特級たちや夏油の肉体をある意味人質に取られている元夏油一派が偽夏油に従う理由は分かるのですが、宿儺の手下である裏梅が偽夏油に協力する意味は……。
もしかすると偽夏油もまた宿儺の弟子として働いた術師で、その復活及び支配する時代を作るために動いているとかだったりするのかも。

完全に洗脳された風になっている脹相が頼もしいながらもシュールな笑いを振りまいているのも今回の見所です。
彼の言葉で加茂憲倫が偽夏油の一部だと判明したわけですが、そんな偽夏油と楽しく麻雀を囲んでいた時には正体に気がつかなかったはず……。気がついたのも偽りの記憶で上塗りされたおかげでしょうか。

次回は脹相と裏梅の戦いになりそうですが、裏梅がどんな術式を使うのか楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました