スポンサーリンク

【呪術廻戦】見た目は誰もが知っている人気者だけど実は別物! 「パンダ」の正体と能力を紹介!!

「呪術廻戦」に登場する登場人物の中である意味、一際目を引いてしまう登場人物がパンダです。
外見はどこからどう見ても動物園とかでよく見るパンダそのもの、かと思いきや普通に生活してるし言葉を話すことができるほどの知能を持っている謎のキャラクターです。

今回はそんな不思議なキャラクター、パンダについて紹介していきます。

パンダについて

『呪術廻戦0巻東京都立呪術高等専門学校』より
©芥見下々/集英社

パンダは虎杖たちも通う東京都立呪術高等専門学校の2年生です。呪術師としての階級は準二級になります。

常識外れなパンダの存在は誰もが疑問を持ってしまうのですが、自己紹介の際にパンダだとしか説明しない鉄板芸を持っています。

パンダの性格を解説

そんなパンダは短慮な行動に出ようとする真希のブレーキになったり、おにぎりの具でしか喋らない刺のフォローに回ったりと2年生たちのまとめ役になることも多く、見た目に反してクセモノ揃いの呪術師たちの中では割と常識人に思えます。

そうかと思いきや、しっかりふざけるところでは茶化す側に回ったりするひょうきんな一面や、前日譚で登場する乙骨と真希の関係に色恋の気配を感じて、その事をからかう場面も登場しています。

パンダの正体を解説!

パンダは夜蛾によって作られた!

気になってしまうパンダの正体ですが、もちろん動物園の人気者なパンダとは全くの別物です。

パンダは傀儡呪術学の第一人者である夜蛾正道学長が作り出した突然変異呪骸というモノで、基本的には虎杖と入学試験で戦ったカッパ(キャシィ)や呪力操作の修行で見張っていたクマのぬいぐるみ(ツカモト)と同類ですが、彼らと違い突然変異であるパンダは自立した意思を持って感情を理解しているのが特徴です。

『呪術廻戦0巻東京都立呪術高等専門学校』より
©芥見下々/集英社

人間のことを理解できない一面も……

呪骸であるパンダは人間のことを全て理解しているわけではないようで、交流戦で京都校の究極メカ丸と対峙した際には自分の境遇を恨み普通になりたい彼に人間のことを羨ましいと思ったことはないと話します。

乙骨を思い浮かべながら目標のために命がけになる姿や、時によってポジティブになったりネガティブになる様子を理解できないパンダは人間って気持ち悪いとしつつも、そんな人間のことが大好きなんだそう。

似た者同士のメカ丸に共感する部分もあったのか、パンダは彼に何か叶えたい事があるなら俺はお前を手伝うぜと応援していました。余談ですがこのパンダとの会話があった直後に京都校の仲間たちとの思い出を振り返り、メカ丸が彼らと共に普通に暮らせたらと願うような回想シーンが挟み込まれています。もしかしたらこの出来事もメカ丸の決断に関わってあの未来に繋がったんじゃないかという気がします。

パンダの戦闘能力を解説

力だけでなく頭も良いパンダ

準二級のパンダは強力な術式を持っているわけではありませんが、夜蛾を師匠として格闘術を教えてもらったのか近接戦闘に秀でています。

もし交流戦に合わせて虎杖が復活していなければ伏黒かパンダのどちらかが強力な相手である東堂の足止めに残されるはずだった事もあり実力は信頼されているようです。

そんなパンダは近接能力の高さだけでなく、状況判断や相手の洞察力にも優れていて戦いの際の駆け引きでも強いです。究極メカ丸との戦いでも最後は接近戦になると読んで呪力で本来の核の位置を偽装したりする戦略を見せ、二級術師でありながら準一級のメカ丸から勝利をもぎ取る番狂わせを見せてくれています。

今後の戦いで敵が強くなっていけばインフレについていけなくなる事もあるかもしれませんが、それでもここぞという所で燻し銀の活躍を見せてくれるかもという期待感はあります。

パンダの持つ驚きの能力とは

パンダは特定の術式を持っていませんが、その代わりに三つの核を利用して自分の能力を変更できます。いつも表に現れているのはバランス重視の「パンダ核」ですが、それとは別にお兄ちゃんの「ゴリラ核」と照れ屋な「お姉ちゃん核」があり、それぞれ違った特徴を持っています。

『呪術廻戦0巻東京都立呪術高等専門学校』より
©芥見下々/集英社

お兄ちゃんのゴリラ核をメインに据えたパンダゴリラモードはパワー重視の形態となり、短期決戦に向いています。

特に防御していても振動するようにダメージが響く防御不能の「激震掌(ドラミング・ビート)」という得意技が強力です。
防いだつもりでもダメージを受けてしまう特性はなかなか厄介で京都校との交流戦では激震掌の初見殺しな性能を使ってメカ丸の右腕を破壊し大技の使用を封じています。

『呪術廻戦0巻東京都立呪術高等専門学校』より
©芥見下々/集英社

攻撃力が高い上にトリッキーな得意技を持つゴリラモードですが、諸刃の剣でゴリラだけにゴリゴリに呪力を消費するために長期決戦に向いていないのがデメリットです。交流戦でもメカ丸は直接対決を選んだから良かったのですが、この弱点を知っていて逆に時間稼ぎをされていたらパンダの方が負けていた可能性があります。

そしてパンダの中に眠るもう一つの核である照れ屋なお姉ちゃんですが、メインとして利用した事がないためにどのような能力を持っているのかわかっていません。
個人的な願望ですが、ここぞというタイミングで予想外な姿を見せてくれるのではないでしょうか。

まとめ

外見はパンダだけど本当はパンダじゃないのがパンダの姿です。意外と陽キャ気質で他人に合わせるのが得意なのでムードメーカーっぽくもありますね。

東堂と冥冥から一級術師に推薦されたメンバーの中に入ってはいるのですが、戦いが過酷になっていく中でついていけるのか心配な一面も……。

本編でも活躍しているのですが、パンダを初めとした2年生組は前日譚の「東京都立呪術高等専門学校」を合わせてチェックすると理解が深まってオススメです。

呪術廻戦をお得に読むためには

呪術廻戦のコミックスを電子書籍で集めたいというのならばFOD PREMIUMがオススメです。

FODに入会すると毎月100円分のポイントが配布されているほか、毎月8のつく日(8・18・28)に行われているキャンペーンに参加すると400円分のポイントが配られるので、配られたポイントを使って電子書籍を購入する事ができます。因みに無料期間内でも8のつく日ならキャンペーンに参加できるのでポイントだけ使って無料期間だけで解約するのもアリです。

更にFODでは電子書籍の購入に常時20%のポイント還元がついているのでセールやキャンペーン期間を待たなくてもお得になるのが嬉しい点です。

ソフトバンクユーザーかYahooプレミアム会員なら毎週金曜日がお得なe-bookjapanも使いやすくてオススメです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました