スポンサーリンク

禅院家を訪れた真希を待っていたのは……〜『呪術廻戦』第148話感想

週刊少年ジャンプで連載中の『呪術廻戦』最新148話の感想です。

ゴールデンウィークの合併号と連休明けの休載があったために久しぶりの掲載でした。
芥見先生は調子を崩されてしまったようですが、大事なので気をつけてください。

第148話の感想をネタバレ込みで紹介

真希の行く手を阻むのは両親で……

禅院家を訪れた真希の前に両親を始めとした血族たちが立ち塞がります。
自分の肉親と対立するのはなんとももの悲しいのですが、それほど大切に育てられてきたわけでもないので真希としては割り切れてそうな印象です。
扇に比べたら母親はまsだ愛情がありそうな気もしますが……。
渋谷では生死の境をさまよったぐらいには危険な目に遭っているので、親心として危ない目に合わせたくないと思ってしまうのも納得なんですよね。
おそらく真依にも同じように危害が及ぶ前に止めに入ったんじゃないでしょうか。

後述しますが、父親の扇はメンツの方が大事そうなので言うまでもなしです。

禅院家が対立する理由

先走ってしまった直哉だけでなく、他も伏黒の当主相続には納得がいかなかったみたいです。
そりゃあ直哉以外も自分がなる可能性が十分にあると思っていたところに横からかっさらわれてしまったら無理もない話です。
それでも話が出た時にすぐ排除に動かなかったのは伏黒が他の御三家との関係も深かったからのようです。
しかし五条悟の封印を解除しようと動いたのであれば話が違います。
なぜなら総監部から五条の封印を解こうとするものも罪だというお触れが出ているからです。
禅院家ではそれを利用して伏黒と真希、真依を殺そうと企てていました。
計画の立案者は扇だと言うことで伏黒抹殺のために実の娘を犠牲にしても良いと考えてるのはゲスいとしか言いようがありません。

真希VS扇の親子対決の行方は……

秘伝「落花の情」で真依や真希の呪具に備えていた扇。
カウンターを利用した居合術なので三輪や日下部の「シン・陰流」にちょっと似ているかなと思いました。

ハンガーラックこと組屋の呪具「竜骨」で対抗しようとしていましたが、叩き折ったはずの刀身を呪力で構築する技で叩き切られてしまいます。
いつもならば誰かが窮地に助けに来るパターンのような気もしますが、場所が場所だけに簡単にはいかなそうです。
こんな簡単に倒されてしまっては禅院家での扱いも仕方ない気もしてしまいますし、リベンジして欲しいですが……。

第148話の感想&次回の考察

久しぶりに前回登場したパンダといい真希メインの今回といい東京高専二年生組ファンはサービス回が続きますね。
大きなハンディキャップを背負っているので辛いところですが、真希には頑張って逆転を果たして欲しいところです。
個人的には今回は禅院家に下剋上を果たす話だと思っているので、このままやられっぱなしと言うこともないはず。
そうなると更なる力を発揮するしかないので、どんなふうに覚醒するのか楽しみです。

呪力や術式なんかを真依に譲り渡すことができるのならば、甚爾と似たような境遇になるので天与呪縛の効果がアップしたりとか……。
渋谷で(肉体は偽物だったとはいえ)甚爾の実力を目の当たりにしたことがパワーアップのヒントになるのは間違い無いのですが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました