スポンサーリンク

混乱に満ちた新しい世界の胎動!〜呪術廻戦 第137話「堅白」ネタバレ感想

呪術廻戦第137話のネタバレ込みの感想&考察です。

前回の話で夏油が目的を果たして勝ち逃げした上にメチャクチャやらかして渋谷での戦いが決着、遂にタイトルが「渋谷事変」から変わっています。渋谷での決戦は2019年50号から始まり約1年2か月ほど続いていたようですが、状況が動いていることもあり引き延ばし感はそれほどでもなかったのではないでしょうか。

今回から描かれる事変後の世界が思ったよりもヤバかったです。

前回の話が知りたいという人はこちらもチェックしてみてください。

toppage

第137話のあらすじとネタバレ

渋谷事変後の日本は崩壊していた!

渋谷事変というからには渋谷区だけの被害に留まると思いきや、23区内は壊滅状態。
無事が確認できるのは離島と郊外の一部のみ。無事だった地域も偽夏油によって放たれた呪霊の数は一千万をくだらないということで今後はどうなってしまうかわかりません。

官房長官を含めた総理代理は全員安否が不明になっていて政治的にも日本は大混乱しています。
そんな状況にあるため円も売られ続けているようで「円安止まんねえ」という悲痛なセリフもあります。お金にシビアな冥さんはこうなる事がわかっていたんですね。

最近のジャンプは悪役がやりたい放題すぎて絶望を感じてしまう事が多い気がします。

待ちに待ったアイツが登場! でも様子が……

コンビニで商品を貪り食う子供が怪しい声に惹かれて行くと呪霊に襲われそうになってしまいます。
そこに颯爽と現れたのが前日譚の読み切りで主役だった乙骨憂太です。

子供を安心させようとした笑顔なんでしょうけど、目が据わりすぎて逆に怖いほど。
パンダの回想でチラ見えした姿と違いすぎて、ここ一年の彼に何があったというのでしょうか……。
子供に優しそうに声をかける乙骨の後ろに呪霊が迫っていると思いきや消し飛んでしまう。
乙骨は姿の見えない何かをリカちゃんと呼んでいますが、元々乙骨に取り憑いていた(取り憑かせていたともいう)折本里香は百鬼夜行の際に縛りから解かれて成仏しています。
そのことは本編でも昨年の交流戦を語るパンダのセリフで言及されていたりするので間違いなく事実なはずなのですが……。

主人公対決が始まる!?

呪術界の上層部と乙骨は今後について話し合います。
どうやら虎杖のせいで狗巻の腕が落とされたらしく恨んでいるようです。そんな描写はなかったはずですが、伏魔御厨子の領域展開に巻き込まれてしまったのでしょう。
そういえば切り刻まれてしまった女子高生がメガホンの人(=狗巻)について触れてましたね。

五条が居なくなったことで上層部の反五条勢力は危険人物たちを一斉に排除する動きを見せ出しました。
具体的には

・「生きていた夏油を再び死刑にすること」
・「五条を共犯者ということにして永久追放&封印解除も犯罪扱いとする」
・「実行犯を唆したとして夜蛾学長も死罪認定する」
・「虎杖の死刑執行猶予取り消し(=死刑執行)」
・「虎杖の死刑執行者は乙骨」

虎杖の死刑執行は想定内だとしても、五条先生と夜蛾学長も犯人にしたてた挙句に排除するとかエグすぎる判断です。
百歩譲って実力で無理難題を押し通してた五条先生を排除するチャンスなのは分かるのですが、夜蛾学長はそんなに不都合なことしてたかなぁという疑問があるんですが。
正直、だめだこいつら早くなんとかしないと……という感想しか出てこないので五条先生が現在の呪術界はクソ、老害ぶっ潰すになってしまうのも無理はありません。

『呪術廻戦』を無料でお得に読む方法は!?

お金をかけないで沢山のマンガを読んでみたいと思ってしまいがちですが、2021年1月1日からは改正著作権法が施行され無断でアップロードされた著作物を違反だと知りつつダウンロードする行為は違法化されました。例えば昔あった「漫画村」に代表される海賊版サイトで読む行為は改正著作権法に抵触し、最悪の場合は刑事罰を受ける可能性もあるので絶対にやめましょう。
(pdfやzipファイル保存をしなくても読んだ時点でキャッシュとしてダウンロードされて法律に引っかかってしまう可能性があります)

そんな時に出来るだけお得に電子書籍を買いたいのであれば「U-NEXT」「FOD(フジ・オンデマンド)」などのお試し期間でポイントが配布されて、電子書籍も購入できる動画配信サービスがオススメ
登録時に配布されるポイントを利用して書籍を購入し、お試し期間内に解約すれば実質的に無料で読むこともできなくはありません。

またソフトバンクやワイモバイルと契約していたり、Yahooプレミアムを利用しているユーザーなら「eBookJapan」がオススメです。毎週金曜日に最大20%オフになるクーポンが配られたり、お得になるキャンペーンも多いので安く買えるチャンスが多いです。
独自の背表紙本棚などユーザーインターフェイスが充実しているのもebookjapanの魅力です。

第137話の感想・考察

思ったよりも状況がヤバかったです。五条先生という後ろ盾を失ってしまったことでここまで響いてしまうとは……。

いざとなったら五条の遺志を継いで力添えしてくれるはずだと思っていた乙骨が虎杖絶対殺すマンになってしまっているのが痛い。
乙骨と虎杖の戦いになった時に二年生たちがどっちに着くのか、仲裁に入るのかは分からず。津美紀が絡んできたら伏黒すら敵に回ってしまう可能性を考えると立場を度外視して虎杖の味方になってくれそうな人は多くはありません。
虎杖を信用してくれているナナミンが逝ってしまったのが、ここにきて効いてくるとは思いもよりませんでした。

ただでさえ偽夏油陣営の生み出した混乱を収めなくてはいけないのに呪術界まで敵に回ってしまう四面楚歌な状況ですが助け舟は現れるのでしょうか。

created by Rinker
¥484 (2021/10/21 08:49:12時点 楽天市場調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました